2016年度 高校生特集 ~前田 舜平(マエダ シュンペイ)~

今日は倉敷の前田 舜平について中学・高校時代の走りを振り返ってみます。前田と言えばやはり都大路4区での快走は記憶に新しく、倉敷が初優勝を果たす立役者となりました。

 

~中学時代~

兵庫の龍野東中学時代はそこまで目立った選手では無かったかなあ。3000mでは全中もジュニアオリンピックも出場していません…兵庫だと同学年に加藤がいましたし、他にも稲田や酒井といった3000mで決勝に進む選手もいますからね。層が厚いです。しかし、全中1500mでは予選をトップ通過、決勝では13位という結果でした。そういえば前田も稲田も酒井も全員明治進学ですね。。。

 

~高校1年生~

5000mで14分32秒と世代でもトップ10~15くらいのタイムをマークしているんですよねー。高1でまず伸びてきた印象です。そのまま、都大路ではいきなり最長区間の1区に抜擢されることに。しかし、ここではまさかまさかの56位に沈むことに…増枠で59チーム中56位ですからね…苦すぎる都大路デビューとなりました。

 

~高校2年生~

インターハイでは5000mに出場しましたが、14分57秒で9位、予選落ちとなっています。国体も出場はしていませんが、5000mのベストは14分16秒、世代トップ10にまで入ってきました。前回苦杯を舐めた都大路では4区を任されて区間13位とまずまずの走り、都道府県対抗では1区で23位となっており、持ちタイムは上位に入ってきましたが、まだ勝負レースにおいては世代トップと差がある印象でした。

 

~高校3年生~

2年連続の出場となったインターハイ5000m、予選では14分28秒で5位通過、決勝では14分30秒で11位という結果でした。高校選抜10000mでは30分4秒で5位とまずまずの走りを見せています。トラックのベストレースは国体でしょう。14分1秒と自己ベストを叩き出して3位と表彰台に上がりました。

 

一方でロードでのベストレースはやはり都大路でしょう。2年連続で4区を任されると、神林を抑えて区間賞を獲得、優勝を争う佐久長聖を一気に1分以上突き放す圧巻の走りを見せました。2年までは持ちタイム先行という印象でしたが、トラックでもロードでも世代トップクラスの仲間入りを果たすことに。都道府県対抗でも1区11位と都大路ほどではないですが、まずまずの走りを見せています。

 

卒業後は明治大学に進むこととなります。箱根ではまさかまさかの18位という結果に沈み、正直どん底の状態ですよね。。。新入生に期待しすぎるのは良く無いですが、それでもやはり前田には即戦力として期待せずにはいられません。前田だけではなく、1年生は14分20秒切りが5人と粒揃い、明治復活のために、その力を存分に発揮して欲しいです。


PAGE TOP