2016年度 高校生特集 ~加藤 淳(カトウ アツシ)~

今日は西脇工業の加藤 淳について中学・高校時代の走りを振り返ってみます。中学時代からの実績も豊富で高1から10km区間を任されるなど活躍、トラックの方が実績が豊富ですが、3年時はロードでも安定した走りを見せてくれました。

 

~中学時代~

大久保中学時代、全中では8分47秒で予選をトップ通過、決勝でも8分45秒で4位入賞を果たしています。ジュニアオリンピックは残念ながら棄権して出場しておらず…都道府県対抗では2区14位で走っています。全中の走りからするともう一歩というところだったかなあ。

 

~高校1年生~

国体3000mでは8分19秒で3位、表彰台に上りました。5000mも既に14分20秒まで伸ばし、高1でもトップ10に入るようなタイムをマークしています。都大路では1年にして最長区間の1区を任されましたが、さすがに荷が重かったのか39位という結果に終わっています。

 

~高校2年生~

インターハイ5000mでは14分41秒で予選を通過、決勝に進みましたがここでは14分40秒の11位に終わっています。高校選抜10000mでは29分48秒の好タイムで2位に入っています。タイムも上々ですが、並み居る3年生を抑えての2位も価値がありますね。

 

国体でも14分15秒と自己ベストで8位入賞を果たしています。しかし、2年連続の1区となった都大路では29位と2年連続で奮わず、都道府県対抗では5区を任されて19位とこれまたもう一歩…ちょっとトラックに比べるとロードで苦戦する1年となりました。

 

~高校3年生~

5000mで13分59秒と13分台ランナーとなって迎えたトラックシーズン、インターハイ5000mでは14分31秒で予選を3位通過すると、決勝でも14分9秒をマークして6位と好走、国体5000mでも14分4秒の好タイムで7位と続けて入賞することに。国体では3年連続の入賞ですからお見事ですね。

 

過去2年、苦戦が続いていた駅伝シーズンですが、3年連続の1区を任された都大路では区間6位と好走、ついに都大路でも結果を残しました。都道府県対抗でも1区を8位と続けての好走、トラックも駅伝もいずれも全国の勝負レースでは6位~8位という素晴らしい安定感…5位以内は無いけれど、かといって9位以下が無いというのも凄いですね。

 

卒業後は駒澤大学に進むこととなります。西脇工業出身の駒澤と言えば、かつては神屋が、直近では中谷がエースとして活躍しています。高校時代の持ちタイムや実績、さらにエース級が複数卒業するタイミングということもあり、即戦力として期待せずにはいられません。加藤にも偉大な先輩と同じように、チームを勝利へと導くエースへと成長して欲しいです!


PAGE TOP