2016年度 高校生特集 ~神林 勇太(カンバヤシ ユウタ)~

今日は九州学院のエース、神林 勇太について中学・高校時代の走りを振り返ってみます。こちらも中学時代から世代トップクラスの座を守り続けていますね。ラストの切れ味も抜群です。

 

~中学時代~

宮前平中学時代、全中では予選を8分49秒のトップ通過、決勝では日向に0.34秒及びませんでしたが、それでも8分44秒で2位に入っています。ジュニアオリンピックは出場していませんが、都道府県対抗では2区2位と好走、世代トップクラスの1人として活躍しました。

 

~高校1年生~

神奈川の中学から熊本の九州学院高校へ進学、1年にしてインターハイ1500mに出場を果たしています。結果は3分56秒で10位でした。国体では日向に0.62秒及ばなかったものの、8分17秒で再び2位に入っています。5000mのベストも1年にして14分16秒をマークしています。

 

都大路では7区を任されて区間3位と上々の走りを見せています。そして圧巻だったのは都道府県対抗、1年にして主要区間の1区を任されると、ここで区間8位の快走、トラックでもロードでもそのスピードを見せつけました。

 

~高校2年生~

インターハイ5000mでは14分30秒で3位通過を果たしたものの、決勝では14分51秒の14位に沈んでいます。それでも、国体では14分14秒のベストをマークして7位入賞を果たしています。都大路では4区3位と2年連続の好走を見せています。都道府県には出場していないのは残念でしたが…

 

~高校3年生~

3年連続の出場となるインターハイ、5000mでは14分16秒の好タイムで3位通過を果たすと、決勝では14分7秒とさらにタイムを縮めて4位、日本人2位となる走りを見せました。しかし、日本人トップだった日向には0.09秒届かず…中学時代からどうしてもあと一歩、日向に及ばないんですよね。。。

 

その後、5000mで13分59秒を叩き出して迎えた駅伝シーズン、都大路では2年連続の4区を任されて区間2位、3年連続区間3位以内と結果を残し続けました。ただ、2年ぶりとなった都道府県対抗で1区30位と駅伝で初めてと言っていい失敗レースになったのはちょっと気になるかなあ…

 

卒業後は3冠&3連覇中の絶対王者、青山学院に進むこととなります。13分59秒のベストでさえ、持ちタイムトップ10に入れない圧倒的な選手層を誇るチーム、いくら実績抜群の神林と言えども即戦力として活躍するのは容易では無いでしょうが、大学4年間の中でチームに欠かせない選手として活躍して欲しいです。


PAGE TOP