2016年度 高校生特集 ~西山 和弥(ニシヤマ カズヤ)~

今日は東農大二の西山 和弥について中学・高校時代の走りを振り返っていきます。中学時代から実績十分の西山ですが、高1からインターハイに出場するなど活躍、高校でもトラック・ロードともに結果を残し、順調に成長を遂げています。

 

~中学時代~

伊勢崎第一中学時代、全中では予選を8分49秒でトップ通過、決勝でも8分45秒で3位にまで入ってきています。ジュニアオリンピックでは予選を8分41秒で2位通過、決勝では8分31秒の好タイムでこれまた3位、どちらも表彰台に上る好走を見せています。都道府県対抗では2,3年時に出場、2年では6区17位に留まっていますが、3年時は2区で区間賞を獲得、トラック・ロードともに世代トップクラスの実績を誇ります。

 

~高校1年生~

東農大二高校に進んですぐに14分17秒という好タイムをマークしたのは衝撃的でした。1年生が5000mで好タイムを出すのは大体駅伝シーズンになってからですからね…インターハイ5000mにも高1日本人としては唯一出場、予選で10位に終わっていますが出場出来るのが凄いです。国体3000mでは8分21秒で5位入賞、都道府県対抗でも4区を任されて2位と好走、素晴らしい1年を過ごすこととなりました。

 

~高校2年生~

インターハイ1500mでは3分50秒で予選をトップ通過も、決勝では3分52秒で11位に終わっています。一方で2年連続の出場となった5000mでは、14分28秒で予選を2位通過、決勝では14分6秒の好タイムで7位入賞を果たしています。1年で大きく成長した姿を見せてくれました。

 

国体5000mでは14分14秒で6位入賞を果たしています。さらに、5000mのベストを13分54秒まで縮めることに。しかし、都大路ではエース区間の1区を当然のように任されますが、ここでまさかの34位に沈むことに…都道府県対抗も欠場してしまいました。西山の大舞台での明らかな失敗レースはこのくらいかなあ。そのくらい3年間強さを見せ続けてくれました。

 

~高校3年生~

4月のアシックスチャレンジ1万mでは大学生に混じって29分15秒の好タイムをマーク、これは日本人高校生のトップタイムを誇ります。1万mでも既に結果を残しているのは心強いですね。3年連続のインターハイ、1500mでは予選で3分52秒に留まり、予選落ちとなってしまいました。一方で5000mでは14分32秒できっちりと予選を4位通過するも決勝では14分24秒で10位、2年連続の入賞とはなりませんでした。

 

都大路では3区を任されると区間9位とまずまずの走り、まだ万全では無いという状況でしたが、それでもまとめてくるのはさすがです。都道府県対抗では1区を任され、スローペースと見るや一時は集団から抜け出す積極的な走りで区間5位と好走しています。その後もローカル駅伝ですが、順大のエース塩尻と大差無いタイムで走ったりとここにきて好走を続けているのは頼もしいですね。

 

卒業後は東洋大学へ進むこととなります。弾馬世代が抜けた影響が大きい東洋なだけに、これまでの実績からしても当然、即戦力として活躍が期待されますね。1年からの3大駅伝デビューも十分にありそうです。それだけではなく、柏原、設楽兄弟、服部兄弟とエースの系譜を次ぐような選手になって欲しいです。


PAGE TOP