2016年度 高校生特集 ~名取 燎太(ナトリ リョウタ)~

今日は、トラックの実績はそれほどでは無かったものの、ロードでは大活躍、特に今年度の駅伝シーズンでは高校No.1と呼ぶにふさわしい走りを見せている佐久長聖の名取 燎太について中学・高校時代の走りを振り返ってみます。

 

~中学時代~

長野富士見中学時代、全中では決勝に進出して8分46秒、6位入賞を果たしています。ジュニアオリンピックでは8分35秒で同様に6位入賞、既に世代トップクラスのランナーでした。都道府県対抗でも2区で7位、長野県も見事に優勝を果たしています。

 

~高校1年生~

5000mのベストは14分43秒かな…?まだ目立ったタイムでは無いですね。しかし、国体3000mでは8分27秒で8位入賞、5位以内に入ることは無いですが、かといって入賞を逃すことも無いという安定感を中学時代から見せています。佐久長聖の有力ルーキーは2区を任されることが多い都大路、名取は2区4位と好走しています。

 

~高校2年生~

2年時はトラックでは目立った活躍は出来ていないかなあ。5000mも14分30秒を切ってくるくらいのタイムでしたし、インターハイ、国体も出場していないはず…しかし、ロードとなると都大路では4区6位と好走、都道府県対抗でも1区10位と主要区間をきっちりと10位以内で走り、ロードでの強さが徐々に際立つように…

 

~高校3年生~

インターハイ5000mでは予選を3位通過したものの、決勝では14分40秒で13位に終わっています。国体では14分11秒をマークして10位、大きく崩れることはありませんでしたが、どちらも入賞には届かないという結果に…しかし、高校選抜1万mでは29分36秒の好タイムで2位に入り、5000mベストも13分52秒まで縮めてきました。

 

そして迎えた駅伝シーズン、都大路1区では最後まで先頭争いを繰り広げると、一度は塩澤のスパートに引き離されたものの、そこから驚異的な切り替えを見せて見事に区間賞を獲得、タイムも29分22秒と上々です。都道府県対抗では最長区間の5区を任されてこれまた区間賞、長野の3年ぶりの優勝に大きく貢献しました。

 

トラックも十分に強いですが、ロードではさらなる強さを見せるのが駅伝ファンとしては心強いですね。来年度は東海大学へ進むこととなります。史上最強世代が1学年上にいますが、今の名取ならばルーキーイヤーから3大駅伝メンバーに入ってきそう。1つ上に高校の先輩である關がいるのも心強いですね。大学でも、存分にその強さを見せつけて欲しいです。


PAGE TOP