2016年度 高校生特集 ~遠藤 日向(エンドウ ヒュウガ)~

本日からは、高校3年生の特集をしていきます。1度に1人、人数は決めていませんが数人~多くて10人くらいかなあ。5000mの持ちタイム上位や勝負レースでの実績が豊富な選手を見ていきます。まずは、持ちタイム、勝負レースでの実績ともにNo.1の遠藤日向について…

 

~中学時代~

中学トラックNo.1を決める大会は全中とジュニアオリンピックの2つがありますが、全中は予選を順当にトップ通過すると、決勝でも8分44秒をマークして優勝、ジュニアオリンピックも予選をトップ通過、決勝も8分31秒で2冠達成、郡山第四中学時代からそのスピード、特にラストの切れ味は際立っていましたね。都道府県対抗でも2区2位と好走しています。

 

~高校1年生~

国体3000mでは8分17秒の好タイムで優勝、高校生になるとその勢いはさらに加速します。日体大記録会では13分58秒と羽生が1年前にマークして高1日本人歴代記録を更新することに。もはや高1どころか高校生でもトップクラスのタイムを誇ることに。

 

都大路でも爆走が期待されましたが、ここでは3区13位と高1では十分な順位ですが期待値からするとやや物足りない結果に…都道府県対抗では1区を任されて区間14位、こちらも13分台ランナーということからすればもう一歩という結果だったでしょうか。

 

~高校2年生~

インターハイ5000mでは予選をトップ通過すると、決勝では14分2秒の好タイムで3位と表彰台に上がりました。2年にして日本人トップタイムを記録し、特にトラックでは別格の力を引き続き見せていくことに。国体でも14分9秒で再び3年生を抑えて優勝、もうラストの切れ味で日向に勝てる日本人高校生はいないという感じですね。

 

都大路では2年連続の3区を任されて区間4位、タイムも決して悪くないですし、留学生以外には負けていないさすがの走りなのですが、トラックでの無類の強さに比べると、ロードはトラックほど圧倒的では無いかなあという印象も。都道府県対抗では2年連続の1区で区間賞、ラスト抜群の鬼塚をさらに突き放す切れ味はまさに驚異的です。

 

~高校3年生~

5000mのベストは13分48秒、日本人高校歴代最高の13分39秒こそ届きませんでしたが、堂々の日本人トップタイムです。3000mでは日本人高校生歴代トップとなる7分59秒を叩き出すことに。5000m13分48秒より価値があるタイムかもしれません。1500mでも3分45秒ともう手がつけられない状態に…

 

迎えた最後のインターハイ、1500mでは3分47秒の好タイムで見事に優勝、5000mではタイムこそ14分7秒ともう一歩でしたが日本人トップとなる2年連続の3位で2年連続表彰台に上りました。国体でも当然のように優勝、タイムも13分58秒をマークしています。

 

国体3年連続優勝、インターハイ2年連続日本人トップの3位とまさに高校No.1の名を欲しいままにしていた遠藤、最後の都大路でも異次元の走りが期待されましたが、ここでまさかまさかのインフルエンザに罹ってしまい、欠場…続く都道府県対抗も万全では無かったのでしょう、区間13位に終わっています。

 

駅伝シーズンを万全で迎えられなかったのは残念ですが、高校3年間で残した実績は揺るぎないものです。卒業後は住友電工に進み、箱根でその勇姿が見られないのは駅伝ファンとしては残念ですが、そのスピードにさらに磨きをかけ、世界で戦える選手へと成長を遂げていってほしいものです。

 


PAGE TOP