2016年度 4年生特集 ~早稲田大学~

本日は早稲田大学の4年生について、在学中での走りを振り返っていきます。全部で9人いますねえ。ハーフ63分きりが5人、その5人とも3大駅伝全てを経験するなど、まさに早稲田の中心としてチームを牽引してきた学年でした。特に4年時の全日本2位、箱根3位はこの4年生の活躍が欠かせませんでした。

 

 

平 和真・・・選手個別特集にて紹介済

 

井戸 浩貴・・・高校ベストは14分30秒、1年時から頭角を現し、全日本で7区3位と上々のデビュー、箱根は8区9位とややもう一歩という結果だったか。その後、ハーフで62分33秒と大学ベストとなるタイムをいきなりマークしています。

 

関東インカレ1部では2年時から3年連続でハーフに出場し7位→2位→2位と優勝こそありませんでしたが、2度の2位と勝負レースで安定した強さを見せました。2年時には5000mで14分ジャスト、1万mも28分台をマークすると、全日本では6区3位と2年連続の好走、箱根は3区8位でハーフの強さを見せつつも箱根はもう一歩というもどかしい展開が…

 

3年時は1万mで28分54秒と大学ベストをマーク、全日本予選は4組8位と好走も出雲では6区10位というまさかの走り…しかし、全日本は2年連続6区3位、そして箱根では9区を任されて見事に区間賞を獲得しました。ついに箱根でもその力を見せつけました。

 

4年時は出雲で2年連続の6区10位とこれまたまさかの走り…さらに全日本はエントリー止まりで初めて出場を逃しました。箱根もちょっと不安になりましたが、しっかりと合わせてきて7区3位、1年時からハーフの強さを見せていましたが、徐々にスピードにも磨きがかかり、チームに欠かせない選手として活躍しました。

 

武田 凜太郎・・・高校ベストは14分11秒、都道府県対抗5区区間賞や1万m29分30秒台ということもあって既に持ちタイム以上の期待値はありました。1年時から5000mで13分58秒、1万mも29分4秒といずれも大学ベストとなるタイムをマーク。

 

勝負レースでも3大駅伝フル出場を果たし、出雲4区5位、全日本5区4位、箱根3区5位と素晴らしい安定感を披露、特に主要区間を走った箱根の走りは見事でした。前評判に違わぬ強さを見せつけました。しかし2年時は一転して故障に苦しみ続け、出雲、全日本を欠場、それでも箱根には7区5位と合わせてきたのはさすがです。

 

3年時、全日本予選こそ間に合いませんでしたが、出雲1区6位、全日本4区2位、箱根3区5位と主要区間でも変わらぬ強さを見せました。さらに力をつけたのが4年時、日本インカレ1万mで3位に入ると、出雲こそ3区7位とチーム同様に奮いませんでしたが、全日本で1区2位と快走を見せると、上尾ハーフは61分59秒と会心の走り、箱根でも1区3位とスターターとしての役割を十分に果たしてくれました。

 

鈴木 洋平・・・高校ベストは14分27秒、1年時に1万mで29分57秒をマークしたものの、3年時までは故障に悩まされ続け、3大駅伝のエントリーさえもされていません。このまま4年時も厳しいかと思いきや…ここからが凄まじかった。5000mで13分53秒、1万mで29分19秒と立て続けにベストを更新すると、3大駅伝もフル出場を果たすことに。

 

出雲では4区区間新&区間賞の快走、全日本でも3区2位、そして上尾ハーフで62分16秒を叩き出して迎えた箱根でも4区3位、3大駅伝全てで区間3位以内という素晴らしい走りで4年時を駆け抜けました。故障さえ無ければ…という思いもありますが、最後にその力を存分に見せつけてくれたのは本当に良かったです。

 

佐藤 淳・・・高校ベストは14分48秒ながら、1年時に5000mで14分19秒、1万mで29分37秒をマーク、出雲、全日本とエントリーを果たしています。自己ベストは全て2年時5000mで14分16秒、1万mで29分20秒、ハーフでは62分49秒と特にハーフで好タイムをマークすると、全日本では7区に起用されましたが、ここでは区間12位と苦しすぎる走りに…

 

3年時は3大駅伝フル出場、出雲で5区5位、全日本は最長区間の8区で7位と上々の走り、箱根では下りのスペシャリスト三浦の故障で急遽の6区ながら見事に区間6位で走っています。4年時もさらなる活躍が期待されましたが、関東インカレ1部ハーフこそ7位入賞を果たしたものの、出雲、全日本はエントリーされず、箱根もエントリー止まりとなってしまったのは残念でした。。。

 

浅川 倖生・・・高校ベストは14分13秒と上々のタイムも4年間、このベストは更新出来ませんでした。。。1万mは1年時に29分47秒とまずまずのタイムをマークしていますが、その後はタイムを伸ばせず…ハーフも65分台に留まったこともあり、選手の揃う早稲田において3大駅伝のメンバー入りを果たすことは出来ませんでした。

 

箱田 幸寛・・・高校ベストは14分30秒、中学~高1は世代トップクラスでした。しかし高2以降は苦しみ、3年時まで3大駅伝のエントリーはなく、このまま卒業かと思いましたが、4年時に5000mで14分17秒、1万mで29分47秒、ハーフで65分30秒と立て続けにベストを更新すると、最後の箱根で16人エントリーに選ばれることに。出場は出来ませんでしたが、4年時のベスト連発はお見事でした。

 

今井 開智・・・高校ベストは15分25秒、3年時までは3大駅伝のエントリーはありませんでしたが、3年の上尾ハーフでは64分25秒をマークしています。4年時は5000mで14分21秒、1万mも29分48秒まで伸ばすことに。すると、全日本、箱根ともにメンバー入りを果たしました。出場は叶いませんでしたが、叩き上げの選手が大きな成長を遂げました。

 

柄本 勲明・・・高校ベストは15分12秒も1年時には14分36秒までタイムを伸ばしています。2年時には1万mで29分58秒をマーク、箱根メンバー入りも果たしています。3年時にはハーフも64分8秒まで縮め、再び箱根エントリーを果たしましたが、ここでも出場は果たせず…4年時は自己ベストや3大駅伝エントリーも残念ながらありませんでした。


PAGE TOP