2016年度 4年生特集 ~日本体育大学~

本日は日本体育大学の4年生について、在学中での走りを振り返っていきます。全部で6人となっています。この学年は持ちタイムの良い選手が少なく、スカウト失敗などと言われたりもしましたが、エースとなった小松や箱根6区を制した秋山など大学で大きく伸びた選手の多い学年となりました。

 

 

秋山 清仁・・・高校ベストは14分41秒、3大駅伝・予選会通じて実際に出場したのは箱根の3回だけですが、その3度が凄い。山下りの6区を2年時から3年連続で走っていますが…2年時に区間4位と好走すると、3年時には58分9秒で参考記録となった駒澤の千葉がマークした区間記録をも上回る爆走で区間新記録を達成。

 

さらに、4年時には自身がマークした区間記録をさらに8秒上回る58分1秒と驚異的なタイムで走り抜け、MVPまで獲得しました。2年連続7位で日体大がシードを獲得するうえで、最も貢献してくれた選手でした。自己ベストは全て4年時、5000mで14分17秒、1万mで28分55秒、ハーフで63分3秒をマークしています。下り適性に加えて年々走力が上がっていったことで生まれた驚異的な山下りでした。

 

小松 巧弥・・・高校ベストは14分32秒、2年時までは3大駅伝に出場することは無かったんですよね―。一気に飛躍を遂げたのは3年時、全日本予選で2組1位と好走すると、箱根予選でもチームトップとなる10位で走り、一気にエース格にまで台頭しました。全日本こそ1区15位と出遅れてしまいましたが、箱根では3区8位でまとめています。

 

小松の凄いのは4年時にさらにもうワンランク上の選手へと成長を遂げたこと、出雲では有力選手の揃う1区で見事に区間賞を獲得、これはびっくりしました。全日本でも2区6位、箱根はやや遅れてしまいましたが、それでも1区13位でまとめ、主要区間を担い続けました。

 

自己ベストも全て4年時にマーク、5000mで13分49秒、1万mは28分56秒、ハーフは62分4秒と5000m,ハーフの2部門でトップタイムを誇るまでになり、持ちタイム・実績ともにエースとして申し分ない走りを見せてくれました。

 

小野木 俊・・・高校ベストは15分オーバー、それでも2年の全日本、箱根には既にエントリーを果たしています。そして3年時、全日本予選で1組6位と好走、箱根予選でも79位で走っています。3大駅伝でも全日本で7区6位、箱根でも10区7位と全てで安定した走りを見せました。

 

そして4年時、3大駅伝全てでアンカーを任されることに。出雲では6区6位と上々の走り、苦しい位置だった全日本こそ8区15位止まりでしたが、箱根では10区2位の快走でシード争いから抜け出し、総合7位でのゴールを切りました。

 

自己ベストはこれまた全て4年時、5000mで14分11秒、1万mで29分21秒、ハーフで63分3秒をマークしています。チームでも主力として活躍する選手がいずれも4年時に全てベストを叩き出しているのが日体大の凄さですね。

 

坂本 新・・・高校ベストは14分31秒、この学年では早くから台頭してきた選手、1年時に1万mベストの29分27秒、ハーフで63分43秒をマークすると、箱根にも出場を果たし4区10位と上々の走りを見せました。2年時には5000mで14分11秒のベストを更新、ここまでは良い流れで来ていたのですが…

 

その後は故障に悩まされることになり…3大駅伝・予選会のいずれもエントリーされることはなく、記録会に出場してもかつてのような走りは見せられず、そのまま4年間を終えることになってしまったのは残念でした。

 

大手 敬史・・・高校ベストは14分35秒、唯一の3大駅伝出場となったのは2年の箱根、ここで7区16位という結果でした。その後は4年時にこれまたベスト連発、5000mで14分13秒、1万mで29分30秒、ハーフで64分13秒をマークし3大駅伝全てにエントリーを果たしたんですけどね。残念ながら後一歩、出場には届きませんでした。

 

山本 航平・・・高校ベストは14分35秒、坂本と同様に1年時から台頭してきた選手、早速箱根に出場し7区13位で走っています。2年時には5000mで14分22秒、ハーフで63分43秒をマークすると、全日本では7区7位、箱根では9区を任されて区間11位と安定した走りを見せました。

 

3年時には全日本予選で最終組を任されるも30位、箱根予選も9番手の102位に留まり、3大駅伝には出場できず…4年時には1万mで29分39秒、全日本予選でも2組19位で走っており、2年連続で全日本、箱根にエントリーされたのですが、選手層が厚くなった日体大においては後一歩出場には届きませんでした。


PAGE TOP