2016年度 4年生特集 ~帝京大学~

本日は帝京大学の4年生について、在学中での走りを振り返っていきます。全部で6人となっています。高校ベストで14分40秒切りは0人ながら、チームのエースへと成長した内田を筆頭に5人が箱根出場を果たしています。改めて、帝京の育成力の凄さを感じます…来年度は有力新入生をどう育てるかも楽しみ。

 

 

内田 直斗・・・高校ベストは14分48秒、頭角を現してきたのは2年時、ハーフで63分45秒をマークすると、箱根では7区で10位、上々のデビュー戦となりました。さらにハーフベストを62分20秒まで伸ばし、一躍エース格の1人となることに。

 

3年時、全日本予選で4組11位と好走、タイムも大学ベストとなる29分22秒をマークしています。しかし、エースとして活躍が期待される中で故障に悩まされ、箱根予選、全日本ともにエントリーは無し、何とか合わせてきた箱根でも7区9位、苦しい駅伝シーズンとなりました。

 

4年時、5000mで14分13秒と大学ベストをマーク、全日本予選こそ4組28位と前回より順位を落としてしまいましたが、出雲では1区6位、全日本では2区9位とエース区間をきっちりと1桁順位でまとめると、最後の箱根でもエース区間の2区で8位、1年間エースとしての役割を十分に果たしてくれました。

 

加藤 勇也・・・高校ベストは14分58秒と6人の中では最下位ですが、2年の箱根にエントリーされると、ハーフも63分台のベストをマーク、着実に力をつけてきました。3年時に5000mで14分14秒、1万mで29分23秒の大学ベストをマークすると、全日本予選に出場し、3組24位で走っています。

 

箱根予選ではチーム3番手の43位と好走、すると箱根では最重要区間の5区を任されて区間10位でまとめ主力選手の仲間入りを果たしました。その後、ハーフも63分54秒と大学ベストをマークすることに。しかし、4年時は全日本予選こそ2組11位と好走したものの、故障の影響もあって出雲、全日本は欠場、箱根も10区を走り、まさかの区間19位でチームもシードを逃すことに…悔しい最後の箱根になってしまいました。

 

宇佐美 聖也・・・高校ベストは14分42秒、なかなか3大駅伝・予選会にエントリーされることはなく、初エントリーは3年の全日本予選、ここで1組13位と上々のデビューを飾りました。ただ、全日本、箱根はエントリーされることも無く…

 

その悔しさを晴らすように4年時、5000mで14分13秒、1万mで29分36秒のベストをマークすると、全日本予選では3組5位と素晴らしい走りで予選突破に貢献、3大駅伝にも全て出場し、出雲4区8位、全日本でも5区6位と帝京が苦手としている両大会で揃って一桁順位をマーク、箱根も8区11位と1年間安定した走りを見せてくれました。

 

瀬戸口 文弥・・・高校ベストは14分44秒、1年時にいずれも大学ベストとなる5000mで14分20秒、1万mで29分39秒をマークしています。さらに、ハーフも64分38秒をマークし、出場こそ出来ませんでしたが1年の出雲、箱根にエントリーされました。この学年で最も早く台頭してきた選手ですね。

 

しかし、出場となると3年の箱根予選がデビュー戦となることに。ここで77位とまずまずの走りを見せています。しかし、全日本では6区15位、箱根では4区13位とどちらももう一歩という結果に。4年時は全日本予選に初出場したものの1組29位、出雲と箱根はエントリー止まりで出場は無しと悔しい1年間となりました。

 

島口 翔太郎・・・高校ベストは14分54秒、2年時に1万mで29分46秒と大学ベストをマークしています。3大駅伝デビューは3年の全日本予選、ここで2組7位と好走しています。さらに箱根予選でも87位、箱根でも10区10位と続けて結果を残し、充実した1年間を送りました。

 

4年時、5000mで14分23秒と大学ベストをマークすると、全日本に初出場を果たしましたが、ここでは6区13位と苦しい走りに…最後の箱根もエントリー止まりで出場することは出来ませんでした。。。

 

高屋敷 光生・・・高校ベストは14分53秒、4年間3大駅伝・予選会にエントリーされることは残念ながらありませんでしたが、4年時に3部門全てでベスト、5000mで14分28秒、1万mで30分20秒、ハーフで64分58秒までタイムを伸ばしました。持ちタイムてきには3大駅伝に出場してもおかしく無かったのですが、、、


PAGE TOP