箱根駅伝2017 2区の振り返り&気になり ~区間賞:鈴木健(神奈川)~

続いては華のエース区間である2区について、振り返っていきます。2区結果はこのようになっております。まず、面白かったのは先頭集団ですよね。1区が6位まで8秒差と僅差だったこともあり、神奈川の鈴木健、青学の一色、駒澤の工藤、早稲田の永山、東洋の山本修、東海の關とまさに大学を代表する選手たちが揃いました。

 

それでも、一色が最初の5kmが早すぎたと言うほどのペース、ここで遅れるわけにはいかないですが、このペースについていくのもリスクがありますよね…実際、最初に集団から最初に遅れてしまった關は区間13位、続いて遅れた永山、山本修はそれぞれ10位、11位と下級生が揃って二桁順位となってしまいました。

 

そんな中、一色が先頭から離れ始めるというまさかの展開、それでも、コンディションが悪い中、3年連続の67分台でまとめてしまうのですから、さすがですよね。工藤も終盤遅れてしまったとはいえ、前回と同じく68分1桁でまとめたのは素晴らしいです。

 

しかしそんなエースたちを凌駕していたのが、鈴木健、終盤に抜け出すと、マメが潰れたという話ですが、そんなことは全く感じさせない、驚異的なペースで最後まで走りきり、67分17秒という驚異的なタイム、留学生も全て上回っての区間賞、区間2位とも33秒差をつける圧巻の走りでした。

 

箱根予選会でもダントツの日本人トップでしたが、あくまで予選会…本戦でも、エース区間の2区でもダントツの区間賞は凄すぎますよね!まだ3年、来年度の活躍が今から楽しみです。留学生では、故障明けで最下位スタートだった山梨学院のニャイロがまさかの9位…同じく区間賞候補だった日大のワンブィも区間7位ですからね。留学生と言えど万全でなければ2区は甘くない…

 

そんな中、区間2位の走りで10人抜きを達成したのが拓殖のデレセ、14位→4位と順位アップした走りはお見事でした。前回の区間11位からも大きく上げてきました。創価のムイルもルーキーで区間4位は上出来でしょう。

 

他の日本人選手では、前半からハイペースで突っ込んだ順大の塩尻が終盤やや垂れながらも区間5位でまとめてしまうのはさすがリオ五輪代表…頼りになるエースです。帝京のエース内田も区間8位と連続一桁順位で最高の滑り出し、シードもいけそうだなあと思ったのですが…

 

箱根予選で好走した他の選手たちも大東大の原の区間12位が最高で法政の足羽が14位、國學院の蜂須賀が16位、上武の東が17位、明治の江頭が19位、国士舘の住吉が20位と苦しい走りに…各大学のエース級が集まり、タスキをもらう位置もありますが、箱根予選のような走りを箱根のそれもエース区間の2区で見せるのは容易では無いですね…

 

全日本で好走した選手も、中央学院の高砂が区間15位、日体大の小松が区間18位に沈んでしまいました。特に高砂は出雲6区3位、全日本4区3位と主要区間で結果を残し続けていただけに、箱根の2区もけるかと思ったのですが、洗礼を浴びることに…小町も全日本7区区間賞なのですが…

 

関東学生連合の中央:堀尾は1区で最下位スタート、それも前が見えない位置、さらに初の箱根と悪い条件が全て揃っており、全くもって力を発揮出来ませんでしたね…箱根予選こそ51位でしたが、その後は5000m13分54秒、1万mで28分34秒と好タイム連発で箱根2区を勝ち取ったのですが…

 

それにしても、2区に起用される選手は出雲、全日本、箱根予選のいずれかで好走した選手のみですね。今回は1区、5区にエース級があまり起用されなかったこともあり、2区にエースが勢揃いという感じでしたが…留学生4人も全て2区ですしたからね。5区短縮に伴い、今後もエースが投入されることでしょう。

 

総合順位では、鈴木健の爆走で神奈川がトップ、青学、駒澤が続きました。ここで東海は11位とシード圏外に落ちてしまったのは、その後の苦戦を招いてしまったのかなあ…大東大の12位は逆によくぞ粘りましたよね。3区以降に期待が高まりました。

 

日体大も17位ですからねえ。秋山の区間新があったとはいえ、ここから総合7位まで順位を上げたのはお見事。。。明治はここで19位に下がることに…こんな明治は久しぶりに箱根へ戻ってきた時以来ですね。。。山梨学院も18位までしか順位を上げられませんでした。


PAGE TOP