箱根駅伝2016 大東文化大学 区間配置予想 ~箱根予選トップ通過の実力を箱根でも~

続いては、大東文化大学について、区間配置予想及び戦力分析をしていきます。前回の箱根では1区で19位と出遅れると、その後はずっと総合18~20位の間をいったりきたり…区間一桁も6区鴇澤と8区立花の二人に留まり、総合18位に終わりました。

 

今年度は、全日本予選では3,4組で苦戦しながらも2年連続8位で予選通過、箱根予選では前半から積極的な走りかつ後半も大きくペースダウンしない理想的な走りで見事にトップ通過、全日本こそ関東勢最下位の15位に終わりましたが、箱根に向けて期待が高まる走りでした。エントリーメンバー箱根成績(直近10年)はHPをご覧ください。

 

4年:北村 一摩、下尾 一真、石橋 優哉、鈴木 太基、鴇澤 駿介

3年:前田 将太、原 法利、山本 翔馬、林 日高、牧田 侑大

2年:齋藤 諒、谷川 貴俊、新井 康平、中神 文弘

1年:川澄 克弥、奈良 凌介

 

箱根予選を走った12人がエントリーされていますし、直近で自己ベストを更新している選手も多く、順当ですね。今年度の実績を見る限りは、ベストの16人が選ばれたと言ってよいのでは?前回とは一味違うところを見せたいですね。そんな大東文化大学の区間配置予想は以下の通りです。

 

下尾4ー原3ー川澄1ー谷川2ー奈良1

鴇澤4ー齋藤2ー林3ー鈴木4ー山本3

 

1区は下尾、原で無ければ誰を1区にするのかというのが大東大の最大の悩みかもしれません。。。となると、箱根予選でもチーム2番手、駅伝でも安定した走りを見せている主将の下尾かなあと。2区は原、全日本では奮いませんでしたが前回の箱根で好走、箱根予選も一桁順位とエースとしての走りを披露、やはり今の大東大で2区を任せられるのは原かなあと。

 

3区は川澄、ルーキーながら箱根予選4番手、全日本も主要区間を任されていますし、往路の中では走りやすい3区あたりも任されるのもよいかなあと。4区は谷川、箱根予選で好走、全日本でも最長区間の8区を任されるなど2年生ながら頼りにされていますからね。箱根でも主要区間を任されることになるのでは。

 

5区は奈良、3大駅伝ではありませんが、上り区間で好走と上り適性は奈良監督同様にあるようですし、親子2代での5区を見て欲しいという素直な希望も…6区は鴇澤、唯一箱根で一桁順位で走っている選手かつ特殊区間となればわざわざ変える必要も無いでしょう。2年連続一桁順位で走ってくれれば。

 

7区は齋藤、箱根予選こそチーム最下位でしたが、その後は1万mで29分1桁、ハーフ63分台をマークしてますからね。箱根出場もありえるとなると、7区あたりが良いのかなあ。8区は林、前回は箱根5区、今年度はハーフ62分台の好タイムをマークとなると8区はもったいない気もするのですが、上りがある区間ですし、箱根予選はチーム9番手ということもあり、8区予想としました。

 

9区は鈴木、箱根は未経験ながら、箱根予選でチーム6番手、全日本は7区4位と好走、となると9区への抜擢もあり得るのかなあと。3大駅伝で好走経験のある選手が少ないですからね…10区は山本、箱根予選では55位と上々の走りながら全日本では2年連続で結果を残せていないのが気がかり…出場するとしても10区あたりかなあと予想しました。

 

抜けている選手が何人もいるというよりも、10人の争いが激しい選手層というチームなだけに、10人を選ぶのが難しいですよね。13分台の新井、前田はちょっと長い距離は不安…ということで外してみましたが…さらに、1万mで28分台の北村、ハーフ63分31秒をマークした中神もいますし、メンバー争いは熾烈を極めそう。

 

となると、調子の良い選手を起用出来るという利点もありますし、復路は十分に区間中位では走れる選手を揃えることが出来そう。やはり大東大の課題は往路ですよねー。片川、市田兄弟、大隅らエース格が主要区間を担ってくれていましたが、箱根の主要区間で好走した選手はおらず…

 

誰が1区を任されるか分かりませんが、何とか往路から喰らいついていってほしいですね。そうすれば、2年ぶりのシード獲得も見えてくるかも…昨年度の出雲から3大駅伝ではなかなか結果を残せていませんが、箱根予選トップ通過を果たした力は本物ですし、前回の箱根の悔しさを晴らす走り、見せて欲しいです!!

 

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。是非とも予想してみてください♪


PAGE TOP