箱根駅伝2016 東洋大学 区間配置予想 ~箱根だけは・・・譲れない~

続いては、東洋大学について、区間配置予想及び戦力分析をしていきます。前回の箱根では2区勇馬の区間賞で2位に上がって以降、ずっと2位をキープし続けたものの、トップを走る青学との差は徐々に広がってしまい、7分以上引き離されての2位に終わりました。

 

勇馬を筆頭に主力が抜けた今年度、出雲では1区から噛み合わないレースでまさかの総合9位、関東勢が10校出場した中での9位は極めて高いレベルで安定していた東洋からすれば信じられない結果でした。全日本も何とかシードこそ獲得したものの、3区間で二桁順位となるなど苦しい走りでした。エントリーメンバー箱根成績(直近10年)はHPをご覧ください。

 

4年:櫻岡 駿、口町 亮、服部 弾馬、

   橋本 澪、山本 采矢、牧浦 聖士

3年:小早川 健、竹下 和輝、野村 峻哉、堀 龍彦

2年:小笹 椋、山本 修二、山口 健弘

1年:中村 駆、中尾 聡志、相澤 晃

 

昨年度、3大駅伝で大暴れした口町が戻ってきて、主要区間を1つ任せられるのは大きいですね。野村、堀といった全日本を欠場した3年生もエントリーされ、ほぼベストメンバーと言える陣容になってきました。1年の渡邉が外れたのはちょっと意外でしたが…そんな東洋大学の区間配置予想は以下の通りです。

 

口町4ー弾馬4ー堀3ー櫻岡4ー山本修2

橋本4ー相澤1ー竹下3ー小笹2ー山本采4

 

1区は口町、弾馬の可能性も十分にありますが、選手層が例年より薄い状況を考えると1区弾馬は引き離せなかったことを考えるとリスクが高いかなと…かといって1区の出遅れは絶対に避けたいということを考えると、故障明けとはいえ、実績豊富な主力の口町に任せるのが良いかなあと。

 

2区は弾馬、3年間勇馬が走り稼ぎ続けてきた2区、その次を任せられるのはやはり弟の弾馬かなあと。エース区間を継いで走ってほしいという思いも正直あります。3区は堀、今年度は奮いませんでしたが、上尾ハーフ63分台まで戻してきましたし、主要区間を走って欲しい選手ですね。

 

4区は櫻岡、出雲・全日本ともに主要区間を任されていますがもう一歩奮わず…とはいえ、箱根で櫻岡を主要区間から外す余裕は無いですし、準エース区間をきっちりと走ってくれれば。5区は山本修、前回上りのある8区を走っていますし、全日本で走力のあるところを見せてくれたので、短くなったとはいえ重要な5区としました。

 

6区は橋本、監督も4年生には期待しているという話でしたし、本人も6区希望ということでしたので、最初で最後の箱根出場もあり得るかなあ。7区は相澤、ルーキーにして上尾ハーフでの62分5秒は衝撃的でした。とは言え、いきなり主要区間への抜擢も無いかなあということで、弾馬も1年時に走っていた7区で。

 

8区は竹下、今年はベスト連発ながら全日本では6区10位と奮わなかったのですが…ハーフでは今年度結果を残し続けていますし、箱根も走って欲しいなあと。3年生は今年度ずっと順当にきている選手がいなくて誰が出場するのか予想が難しいですね…実績では堀、野村、今年度の記録会では小早川、竹下が良かったですし。。。

 

9区は小笹、全日本でも主要区間である4区を任されていますし、監督も主力の一人として期待しているようですからねえ。復路のエース区間である9区もありかなあと。10区は山本采、4大会連続で10区は最上級生が任されていますし、4年の山本采と予想しました。出雲では最長区間の6区を任されていますし、最初で最後の箱根でも23km区間を走って欲しいなあ。

 

主要区間、つなぎ区間ともに持ちタイムの良い選手、実績の豊富な選手で揃えることは出来るんですよね。ハマれば、青学を追う大学の1校であるとは間違いないと思います。ただ、今年度はその選手たちが揃って出雲・全日本と苦しい走りをしているのが気になります…箱根でも結果を残せないとなると、弾馬、櫻岡、口町が揃う4年生が抜ける来年度以降がますます心配になってしまいますからね。

 

箱根では過去8大会において優勝4回、2位3回、3位が1回と驚異的な成績を残しています。出雲・全日本よりも箱根が悪かったのは昨年度の全日本優勝、箱根2位だけですからね。箱根への調整力がずば抜けている東洋、ここ最近で最も苦しい1年となっていますが、最後の箱根では変わらぬ強さを発揮し、やはり東洋は強いという姿を見せて欲しいです!

 

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。是非とも予想してみてください♪


PAGE TOP