箱根駅伝2016 日本大学 区間配置予想 ~最下位通過からの巻き返しは~

続いては、日本大学について、区間配置予想及び戦力分析をしていきます。前回の箱根では5区キトニーの区間賞の走りもあって往路を6位、6区終了時で5位と好位置につけたものの、7区以降が奮わずに総合11位、シード獲得にはあと一歩届きませんでした。

 

今年度は、全日本予選こそ見事に2位通過を果たしたものの、箱根予選ではまさかの最下位通過、ワンブィが万全で無かった全日本も12位どまりと改めてエースと中堅層の差を感じる結果となってしまいました。エントリーメンバー箱根成績(直近10年)はHPをご覧ください。

 

4年:石川 颯真、清水目 大貴、村田 誠児、 畔柳 揮、山崎 和麻

3年:高野 千尋、山崎 一輝、川口 賢人、町井 宏行

2年:P・ワンブィ

1年:石垣 陽介、松木 之衣、小坂 太我、廣田 全規、

   金子 智哉、成田 悠汰

 

2年生がわずかに1人の一方、1年生が最多の6人というびっくりなエントリーとなりました。加藤が結局箱根に間に合わなかったのは非常に痛く、全日本を走った岡野、石井といった3年生も外れています。全大学を見渡しても、主力のエントリー漏れが最も見られる大学かもしれません。区間配置予想は以下の通りです。

 

石川4ーワンブィ2ー清水目4ー川口3ー畔柳4

町井宏ー高野3ー松木1ー山崎一3ー村田4

 

1,2区は全日本同様に石川、ワンブィのダブルエースで行くしかないのかなあと思っています。出遅れてしまうと立て直すのが非常に難しいですし、ワンブィが万全であれば、2区終了時でトップに立っていることも可能ですしね。他に1区を任せられる選手が出てくれば、グッと区間配置に厚みが増すのですが…

 

3区は清水目、前回の箱根、今年の全日本経験者でハーフも64分21秒まで伸ばしてきましたし、前回の4区に続いて往路を走って欲しい選手かなあと。4区は川口、個人的には5区川口が良いと思うのですが、そうすると3,4区が苦しくなるんですよね…全日本でも主要区間で1桁の川口ならば、ある程度計算出来そうなのは大きいです。

 

5区は畔柳、本人も5区を希望していて監督も候補の一人と話していますし、最初で最後の3大駅伝出場を果たしてほしいかなあ。前回とは違って凌ぐ5区となりそうですが…6区は町井宏、ちょっと今年度は奮いませんが、それでも前回6区5位の選手を変更する可能性は低いでしょう。前回並の走りを期待。

 

7区は高野、今年は箱根予選で250位と奮わないのが気になりますが…それでも貴重な全日本、箱根経験者、何とか復路のつなぎ区間で粘ってくれれば…8区は松木、ルーキーが6人エントリーとはいえ、走るのは1,2人だと思います。そんな中、唯一の3大駅伝経験者である松木を8区としました。石垣や金子あたりも起用されるかも。。。

 

9区は山崎一、これまた本来であれば4区あたりを走って欲しいところですが、そうすると復路がさすがに手薄になりすぎるかなあと…ダブルエースに次いで安定感のある走りを見せている山崎一なだけに、復路のエース区間でもきっちりと走ってくれそうということで、予想しました。

 

10区は村田、日大は最上級生に10区を任せることは多く無いのですが…学年に関係なく、箱根予選でチーム7番手で走っている村田が良いかなあと思いました。最終学年になってグッと伸びてきたのも頼もしいです。

 

石川、ワンブィのダブルエースはトップクラスの破壊力がありますが、それ以外はやはり主要区間、つなぎ区間ともに戦力不足は否めませんね。大量エントリーされたルーキーも勝負レースで結果を残せてはいない状況ですし。本来であれば、3,4区を任せられる加藤がいないのも予想を難しくします…

 

エントリー、箱根予選最下位通過ということを考えれば正直シード獲得は厳しいのかなあという印象です。ただ、最後にシード獲得を果たした3年前もシードは厳しいと言われながら、日本人選手が粘って見事に7位でゴールしているんですよね。今回も、前評判は高く無いですが、それを覆す走りで3年ぶりのシード獲得、果たして欲しいです。

 

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。是非とも予想してみてください♪


PAGE TOP