箱根駅伝2016 日本体育大学 区間配置予想 ~充実の選手層でさらなる上位へ~

続いては、日本体育大学について、区間配置予想及び戦力分析をしていきます。前回の箱根では5区で17位と苦しんだこともあって往路は13位でしたが、6区秋山の区間新記録の爆走で一気にシード圏内に戻り、その後はシード争いに再度巻き込まれることもなく、7位でシード獲得となりました。

 

今年度は、出雲で1区区間賞から6位と上々の結果だったものの、1区で13位と出遅れた全日本はそのまま巻き返せずに総合でも13位、課題の残る結果となりました。エントリーメンバー箱根成績(直近10年)はHPをご覧ください。

 

4年:秋山 清仁、小松 巧弥、小野木 俊、大手 敬史、山本 航平

3年:小町 昌矢、冨安 央、吉田 亮壱、

   城越 勇星、辻野 恭哉、住田 優範

2年:宮崎 勇将、三原 卓巳、室伏 穂高、林田 元輝

1年:中川 翔太

 

全日本予選、出雲、全日本に出場した選手が順当にエントリーされていますね。1万mで28分台が8人、ハーフの64分きりに至っては13人という持ちタイムの良さです。上尾ハーフ、日体大記録会で好結果を出した選手が揃ってメンバー入りしており、箱根に向けて期待は高まります。区間配置予想は以下の通りです。

 

小町3ー小松4ー吉田3ー冨安3ー辻野3

秋山4ー宮崎2ー室伏2ー小野木4ー城越3

 

1、2区は小町、小松のダブルエースコンビになるかと思いますが…1区小町、2区小松としました。個人的には1区小松を見てみたい気もしますが、前回1区11位でまとめている小町の経験は大きいですし、小松も2区に意欲を見せているみたいですからね。今の小松ならば、他大のエースとも五角以上に渡り合えそうです。

 

3区は往路の中で最も悩んだところですが…前回8区5位と好走、全日本でも主要区間である4区を任された吉田にしてみました。そろそろ箱根でも主要区間を担って欲しいです。4区は冨安、出雲、全日本ともに主要区間を任されるなど監督の期待も大きいようですし、準エース区間と予想しました。

 

5区は前回走った室伏と前回候補だった辻野の2択だとすると…前回室伏が任されて17位だったことを考えると…再度任せるよりは元々走る予定だった辻野の方が良いかなあと。6区は秋山で鉄板でしょう。アクシデントなどない限り、6区区間記録保持者を外す理由は見当たりません。本人も狙っている57分台、見せてほしいですね~

 

7区は宮崎、今年は3大駅伝・予選会にフル出場していますし、ハーフのタイムも伸ばしてきましたからね。箱根にも出場してくるとなると、まずはつなぎ区間あたりからかなあと。8区は室伏、前回5区を走っているとなると、やはり上りのある8区というのが無難かなあと…主要区間を任される可能性もありそうです。

 

9区は小野木、出雲6区、全日本8区と最長区間を任されているだけに、23km区間で主要区間でもある9区を任されるのではないかと予想しました。全日本は苦戦しましたが、出雲は6位で走っていますしね。10区は城越、前回も4区8位で走っている選手、10区はやはり上級生かなあということで3年の城越にしました。1万m28分台、ハーフ63分20秒の選手が10区なのかという気もしますが…

 

持ちタイムが良い選手、直近でベストを更新している選手が多く、いい意味で10人予想するのが難しいですよね。これでも、28分台、ハーフ63分4秒をマークしているルーキーの中川を外して予想していますし…往路も勝負できそうな選手が揃っていますし、5区も前回から大きな上積みが期待出来そう。

 

6区はもちろん最も稼ぐことが計算出来る区間ですし、つなぎ区間も28分台ランナー、ハーフ63分半切りの選手を起用出来る選手層の厚みも日体大の大きな武器です。シード獲得はもちろん、前回の7位を上回る順位も期待できるだけの戦力ですし、目標としている3位に挑んで欲しいです。

 

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。是非とも予想してみてください♪


PAGE TOP