中央学院大学 出雲&全日本2016結果考察 ~その勢いはとどまることを知らない~

いよいよ、明日箱根エントリー16人が締め切られます。まずはどの大学も順当にエントリーが行われれば良いのですが…最後は、中央学院大学について、出雲、全日本の結果を振り返りつつ、箱根への展望も書いていきます。出雲・全日本結果はこのようになっております。出雲・全日本ともに素晴らしかったですねー。

 

出雲では1区横川が区間10位も上位との差は程々に留めると、2区新井が区間4位の走りで5人抜き、総合5位まで順位を上げました。3区大森も区間6位と主要区間でもしっかりとした走りを見せると、3大駅伝で4度走りいずれも二桁順位だった4区村上が区間4位の走りで総合でも4位に引き上げました。

 

3大駅伝エントリーも初だった廣も区間7位ながら総合4位は死守すると、圧巻はアンカーの高砂ですね。ルーキーとは思えない凄まじい走りで最長区間を区間3位、ニャイロ、一色に次ぐ順位でこれまた4位を守り、過去最高順位でのゴールとなりました。主力を欠きながらも上位が予想された大学に割って入っての4位は強さを感じさせました。

 

全日本では1区を任された大森が区間9位、出雲1区も順位は決して良くは無いですが、タイム差がそれほどでもないのが良いですよね~2区横川は区間8位と出雲同様にエース区間をしっかりと走り、2つ順位を上げると、3区樋口も区間6位でさらに2つ順位を上げて総合5位とシード圏内に…

 

故障続きだった樋口が最短区間ですが、しっかりと走れたのは大きいですね。箱根では6区か主要区間か…ここで4区に高砂がいることが大きいですよね。またしても主要区間で3位の走り、総合でも3位に。スーパールーキーというよりも既にチームのエースですね。箱根でも主要区間は確実でいきなりの2区もあり得えそう…

 

5区ルーキーの藤田は区間9位、その後ハーフで64分ジャストをマークしていますし、中央学院のルーキーは高砂、横川だけではないですね!6区廣は区間8位と出雲に続いての一桁順位、3大駅伝初エントリーとなった7区福岡が区間9位と1~4区に比べると、5~7区はつなぎ区間ということを考えてもちょっと物足りなかったかなあ。

 

それでも、総合4位を守ったのは大きかったですね。アンカーを任された村上が区間6位の走りで総合5位、2008年以来、8年ぶりのシード獲得となりました。村上はハーフも64分台でトラックに比べてロードや長い距離は苦手という印象だったのですが…今年度はロードだろうが長い距離だろうが勝負レースでことごとく結果を残していますね。強いです。。。

 

出雲、全日本と見事な走りで結果を残し続けていますね。箱根に向けては、全日本で主要区間を走った大森、横川、高砂、村上らはそのまま箱根でも主要区間を任されそうかなあ。つなぎ区間も出雲・全日本を走った選手は当然メンバー争いに加わってくるでしょうし、樋口が山下りの6区となれば大きな貯金が見込めそう。

 

ベストを出す選手も多くてチームの状況もいいですし、残る不安要素は箱根で好走経験者が戻ってくるかですよね。特に箱根2,9区を走っている海老澤剛が間に合わない恐れもあるということで…明日のエントリーには入ってくると思いますが、いるといないでは影響が大きいです。

 

さらに、前回の箱根で7区7位の海老澤太、8区3位の細谷とシードを近づける走りを見せた選手の状況も気になります。出雲、全日本を見る限りは箱根でも十分シードは狙えそうですが、さらに上位を狙うとなるとやはり箱根経験者の上級生の力が必要になってきますからね。箱根にはベストメンバーで臨み、予想を上回る走りを見せて欲しいです!!

 


PAGE TOP