来年度新入生速報(2016/11/29時点) 大学別雑感その2(箱根予選会校)

続いては、箱根シード校以外の箱根出場校について、現時点で判明している新入生について、各大学ごとに振り返っていきます。

 

大東文化大学

他の大学と比較すると、判明することが遅いことが多い大東大、14分39秒を持つ鹿児島実業の稲留しかまだ判明していないようですねえ。後になって持ちタイムや実績のある選手が判明することも多いですし、また次の発表に期待ですね。

 

明治大学

14分1秒を持つ倉敷の前田を筆頭に14分16秒を持つ八戸学院光星の小袖、14分32秒を持つ宮崎日大の長倉と続きます。有力選手が揃う倉敷高校の中で持ちタイムトップを誇る前田を獲得出来たのは大きいですね。

 

ただ、昨年度と比べると現時点ではちょっと物足りないかなあ。他にも14分35秒を持つ西脇工業の寺前、14分42秒を持つ伊賀白鳳の樋口らが加わります。駅伝強豪校からの選手が多いですかね。

 

創価大学

14分41秒を持つ鹿児島実業の飯嶌が現時点で判明している選手では持ちタイムトップですね。なかなか有力選手の入ることは少ない創価ですが、ちょっと厳しいなあ。14分45秒を持つ流山南の中村、14分49秒を持つ熊本工業の右田と続きます。チームの勢いそのままにスカウトも上げていきたいところ。

 

法政大学

新入生が判明するのが非常に遅い法政大学、今回判明しているのは、14分21秒を持つ伊賀白鳳の田辺だけかなあ。これだけでは何とも分かりませんが、エース級では無くとも、力のある選手が加わりました。4年の坂田も同じ高校出身ですし、同じように主力となって欲しいところ。

 

神奈川大学

14分16秒を持つ鳥栖工業の井出が持ちタイムトップですね。14分20秒を切る選手も着実に入ってくるようになりました。14分38秒を持つ伊賀白鳳の山田、14分40秒を持つ西脇工業の原塚が続きますが、この間にどれだけ未判明のいる選手がいるかが大事になりますね。

 

上武大学

スカウトでは苦戦することが多い上武大学ですが、14分43秒を持つ伊賀白鳳の西井が現時点ではトップですね。後は14分56秒を持つ西脇工業の山口の2人が判明しています。まだまだ、未判明の選手はいますが、来年度の新入生も持ちタイム上は厳しそうかなあ。。。

 

拓殖大学

これまたスカウトでは苦戦することが多い拓殖大学、14分42秒を持つ大分東明の松岡、14分50秒を持つ拓大一の鈴木、14分53秒を持つ倉敷の前田までが判明していますねえ。ここ1,2年はスカウトが良かった拓殖ですが、来年度はまた苦しいスカウトなのかなあ?

 

國學院大学

14分38秒を持つ富山商業の河上、14分58秒を持つ松山商業の門田の二人だけかなあ、判明しているのは…國學院もスカウトは良かったり悪かったりですが…これだけではまだまだ分からないですが、ちょっと厳しそうな気もしてしまいますね。

 

国士舘大学

14分33秒をもつ藤沢翔陵の加藤が持ちタイムトップですね。14分43秒を持つ那須拓陽の松村、14分45秒を持つ高地工業の千屋と続いています。うーん、箱根予選を下位通過した大学は、現時点では苦しいスカウトとなっているところが多いです。

 

日本大学

14分21秒を持つ伊賀白鳳の野田が持ちタイムトップ、伊賀白鳳の選手は今年度粒ぞろいでいろいろな大学で現時点の持ちタイムトップですね。14分37病を持つ武蔵越生の萩原、14分40秒を持つ高地農業の池田が続きます。現時点での持ちタイムで考えると、例年通りくらいになりそうかなあ?


PAGE TOP