上尾ハーフ2016結果雑感(上位100人) ~早稲田が優勝を含む3人入賞~

本日、上尾ハーフが行われました。コンディションが良かったこともあって62分台を出す選手が続出するなど好タイムが出ましたね。まだ、正式な結果は発表されていませんが、上位100人まで張り出されていたものをTwitterに載せてくれた方がいました。感謝です。

 

私のHPにも平均持ちタイム(ハーフ)にてデータベースにも既に反映済みです。それでは大学ごとにベストをマークした選手を中心に振り返ります。全選手が公式発表されたら、また別途記事にする予定です。

東洋大学

ルーキーの相澤が62分5秒で5位入賞、持ちタイムでもチームトップとなるタイムを叩き出したのはびっくりしました。今後3年間、中心選手として活躍してくれそう。さらに、櫻岡が62分44秒でベスト更新し、箱根に向けて好走。

 

63分台では、63分4秒をマークした小早川を筆頭に30秒で竹下、46秒で堀、51秒で牧浦、53秒でルーキーの中尾がそれぞれ自己ベストでトップ10のうち7人が自己ベストという大盛況ぶりでした。平均持ちタイムは15位→7位まで順位を上げてきており、本来の実力にタイムが近づいてきましたね。

 

2年生がトップ10にいないのが残念ですかねえ。もちろん、山本修や小笹が好条件のハーフを走れば、入ってくるとは思いますが…

 

駒澤大学

高本が63分25秒でセカンドベストが最高と前回1,2位を独占した駒澤としては寂しい結果となりました。そんな中でも中村佳が63分38秒、堀合が63分54秒でベスト更新、長い距離に強い二人が箱根に向けて名乗りをあげることに。

 

紺野が64分21秒でセカンドベストですがこれはちょっと物足りないかなあ…ルーキーでは中村大聖が64分7秒、山下が64分44秒とまずまずのタイムをマーク、特に山下はハーフで続けてまずまずの走りを見せており、来年度あたり戦力となってくるかも。

 

早稲田大学

大盛況だったのが早稲田、61分59秒でトップタイムを叩き出した武田を筆頭に平が62分14秒で6位、鈴木が62分16秒で7位に入るなど4年生が大活躍でした。全日本1~3区で好走した3人が好調を維持しており、箱根も俄然楽しみですね。

 

さらに、ルーキーの太田が62分48秒と好タイムをマーク、佐藤も63分4秒のセカンドベストで箱根には合わせてこれそう。さらに、清水が63分8秒のベストを叩き出したのも収穫ですね。永山が抜けていましたが、車田、清水と2年生も着実に戦力が増してきています。

 

3年生も藤原が63分38秒でセカンドベスト、光延が63分44秒でベストを更新するなど各学年でベスト、セカンドベストをマークする選手が多く、大盛況でした。平均持ちタイムも62分42秒まで伸ばし、青学を5秒上回ってトップタイムを誇るまでに…

 

東海大学

期待のルーキーがここでも大活躍、鬼塚が62分3秒で3位に入る快走、本当に只者ならないルーキーです。さらに、松尾も62分17秒をマークし、ルーキーがチームの1,2番を誇る持ちタイムとなりました。1年生が3大駅伝で大暴れの東海なのですが、松尾はまだ3大駅伝未経験という恐ろしさ…箱根ではメンバーに入ってくるかも。

 

さらに、63分3秒でこれまたルーキーの高田が走っており、その勢いはとどまることをしりません。63分10秒でベストをマークした春日が復活したのは東海において大きいですね。上級生の安定感にも期待。さらに、63分22秒のベストを出した湯澤もチーム8番手の持ちタイムに。

 

郡司も63分34秒でベストとルーキーはスピードだけでなく、距離対応もバッチリです。ハーフの持ちタイムを30秒近く縮め、3位に順位を上げました。箱根でも目標としている3位以内が射程圏内ですね。

 

日本体育大学

早稲田に次いで大盛況だったのが日体大、エースの小松が62分4秒の好タイムをマークした4位に入る快走を見せると、62分台こそ小松だけでしたが、63分2秒に吉田、3秒に秋山、小野木の4年生、4秒にルーキーの中川と63分1桁が4人もいるという高いレベルで安定した走りを見せました。

 

63分30秒切りでは他に20秒の城越、26秒の宮崎がおり、トップ8のうち7人がベストを更新するという非常に収穫の多いレースとなりました。さらに、箱根を2度走っている山本が63分51秒で最後の箱根に目処が立ったのも大きいです。

 

さらにさらに、64分前後のベストを出す選手も多数、63分50秒で室伏、63分55秒で三原がベストをマークし2年生も元気。さらに、辻野が63分59秒、重松が64分10秒、大手が64分13秒、森崎が64分14秒でベストを更新という凄まじい走りでした。ハーフ平均を37秒も更新して6位に浮上しただけでなく、16番手でも64分10秒台という選手層の厚さを見せました。

 

山梨学院大学

エースの上田が62分1秒で2位というさすがの走り、今年度失敗レースが無く非常に高いレベルで安定しています。さらに、佐藤が62分28秒とこちらもさすがの走り、エース格が順当に上位にきました。出雲、全日本を走った永戸も63分1秒で続き、箱根も出場が濃厚ですね。

 

63分54秒で小山、63分57秒で熊代が走っており、4年生も最後の箱根に向けて63分台をマーク、さらに藤田が64分5秒、久保が64分20秒と2年生も上々の走りを見せており、来年度以降に向けても楽しみです。

 

中央学院大学

またしても集団から抜け出す積極的な走りを見せた横川が63分5秒とチーム2番手となるタイムをマーク、積極的に走っても崩れない強さは驚異的です。市山が63分31秒、福岡が63分47秒で続き、長い距離で結果を残しつつある2年生も元気な姿を見せました。

 

さらに、藤田が64分ジャスト、伊藤が64分22秒、坂本が64分25秒と中堅層も元気ですね。箱根に向けて16人選ぶのがいい意味で大変そうです。また、藤花が64分28秒でセカンドベストで走っています。

 

帝京大学

横井が63分37秒でチーム3番手となる好タイムをマーク、ルーキーの吉野も64分7秒でチーム5番手と好走を見せました。帝京は順大記録会の1万mに主力が出て好走していましたが、上尾を走った選手もメンバー争いに加わってきて欲しいですね。

 

大東文化大学

林が62分54秒とチームトップタイムをマーク、前回箱根5区を走っている選手がハーフで好走したのは大きいかも。去年箱根4区を走った中神も63分31秒でベストと復活の走り、箱根連続出場も十分ありそうです。さらに、石橋が63分46秒、齋藤が63分52秒でここまでが64分切りの自己ベストです。

 

齋藤は箱根予選こそ奮いませんでしたがその後は好走を見せており、箱根もメンバーに入ってきそう。64分24秒で北村、64分37秒で牧田が続きましたが、特に北村はベストこそマークしましたが他の選手に比べても物足りない結果で箱根もギリギリかなあ…

 

明治大学

復帰してきた田中が63分41秒で走ったのは大きいですね。箱根に向けて戦力が1枚加わってきました。同じく2年の竹山も63分57秒でチーム6番手のタイム、全日本では誰も出場出来なかった2年生が元気な姿を見せてくれました。ここに坂口も戻ってくれば楽しみな学年となりそうです。

 

法政大学

3年の鹿嶋が64分ジャストでチーム3番手のタイムをマークしています。全日本予選にも出場していますし、箱根のメンバー入りに向けて楽しみな結果でした。

 

神奈川大学

大塚が63分12秒でチーム2番手となる好タイムをマーク、どちらかと言えばスピードランナーかと思っていたので、ビックリでした。3大駅伝・予選会はまだ未経験ですが、箱根で初出場となるか?他には朝倉が63分42秒のセカンドベストで走っています。

 

拓殖大学

ルーキーの中井が64分37秒とチーム9番手のタイムをマーク、箱根予選にも出場していましたし、1年にして箱根デビューも十分に有り得そうです。

 

國學院大学

小田が62分49秒という素晴らしい走りでチーム2番手に。まだ3大駅伝・予選会の出場はありませんが、箱根でのデビューがグッと近づきました。曽我部も63分27秒とチーム5番手のタイムをマークしており、こちらも最初で最後の箱根に向けて期待です。

 

さらに、渡邊貴が64分7秒、軸屋が64分12秒でベストと小田以外の3年生も上々の走り、ハーフ64分30秒切りで16人を揃えてきており、箱根予選からの巻き返しを箱根では見たいですね。

 

日本大学

清水目が64分21秒でチーム6番手となるタイムをマークしています。前回の箱根では4区を走っていますが、2年連続の箱根出場も可能性は十分ですね。

 

城西大学

ルーキーの西嶋が63分27秒でチーム3番手、、2年の大石が63分44秒でチーム5番手で走っており、この二人が今年度は本当に元気でしたね。走るたびに自己ベストをマークし、勝負レースでも結果を残しています。さらに、中島が63分50秒、山本が63分55秒でベストをマークしており、64分切りが10人揃ってきました。

 

来年度に向けて、まさに中心となって欲しい選手がしっかりと63分台の自己ベストをマークしたのが良いですね。来年度はきっちりと箱根予選を突破してきた欲しいところです。他には服部が64分37秒でベストをマークしています。


PAGE TOP