全日本大学駅伝2016 戦力分析&区間配置予想 ~中央学院大学~

いよいよ本日、区間エントリーが締め切られますね。前日変更は可能ですが…最後は中央学院大学にて、全日本における戦力分析&区間配置予想をしていきます。出雲では1区横川が区間10位ながらも積極的な走りで粘ると、2~5区を全て区間4~7位で粘ると、圧巻だったのはアンカーを任されたルーキー高砂、区間3位という快走で総合でも4位、中央学院の歴代最高順位となります。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。

 

4年:海老澤 剛、村上 優輝、久保田 翼

3年:大森 澪、新井 翔理、水野 優

2年:樋口 陸、福岡 海統、廣 佳樹、石井 海

1年:高砂 大地、横川 巧、藤田 大智

 

故障続きだった樋口が戻ってきたのは大きいですね。前回も主要区間を走っている選手ですし。一方で全日本予選に出場した3年の細谷が引き続きエントリー漏れとなってしまったのは痛いです。他にも3大駅伝経験者ですと、海老澤太や森田らが外れていますね。最近、森田の姿を見ないのが残念…

 

4年生からは、出雲4区4位の村上、エントリーの海老澤剛、今年5000mで14分27秒のベストをマーク、2年時に全日本、箱根を走っている久保田の3人。

 

3年生からは、出雲2区4位の新井、3区6位の大森、3大駅伝・予選会は未経験ながら昨年の全日本予選、箱根に続いてのエントリー、1万mで29分42秒のベストを持つ水野の3人。

 

2年生からは、出雲2区7位の廣、出雲エントリーの福岡、前回の全日本では2区9位、箱根では6区3位の快走、全日本予選でも3組9位と安定した走りを見せている樋口、3大駅伝初エントリー、5000mで14分31秒、1万mで29分54秒のベストを持つ石井の4人。

 

1年生からは、出雲1区10位の横川、6区3位の高砂、出雲エントリーの藤田の3人。

 

そんな中央学院の区間配置予想は以下のとおりです。

 

高砂(1)ー樋口(2)ー横川(1)ー海老澤剛(4)

村上(4)ー新井(3)ー廣(2)ー大森(3)

 

出雲に続いて横川1区もありだとは思うのですが、やはり長い距離はまだ未知数な部分も多く、2番目に長い1区は不安が大きいです。それよりもスピードを活かしやすい最短区間の3区の方が良いかなあと予想しました。一方で横川とは逆に長い距離に評価が高く、出雲で6区3位と素晴らしい走りを見せた高砂を1区に持ってくるのも面白いのでは。

 

8区で見てみたい気もするのですが、さすがにルーキーに最長区間の8区はリスクが高いのかなあと。そもそも8区には前回5位と好走しており、その後チームのエースへと成長した大森がいますし、敢えて大森を8区から動かす必要も無いと考えました。1区大森、8区高砂なんていうのも個人的には見てみたいですが…

 

前回経験者の中で、他にも2区樋口、5区村上、6区新井はそのままで良いかなあと思っています。2区9位、5区12位、6区8位といずれも順位は物足りなかったですが、3人ともその後活躍して評価を高めており、村上、新井はともに出雲で好走しているのも安心感があります。

 

樋口は回復具合が気にはなりますが、全日本にエントリーされるくらいならば問題無いのではと判断しました。残るは4,7区ですが、廣が出雲5区7位と最終区の前を走っていることもあり、同様の位置付けで良いのではと思って7区廣としています。今年になってグッと伸びてきたその勢いを買いたいところです。

 

4区は海老澤剛、こちらも出雲を欠場しているのが気になりますが、チームでもトップクラスの実績を誇りますし、過去2度はいずれも最短区間の3区でしたが、そろそろ全日本でも主要区間を走って欲しいなあと。箱根では2区や9区を走っている選手ですしね。

 

これまでの実績や出雲の走りを見る限り、どの区間も穴の無い布陣が組めそうな気がしますねえ。ルーキーの勢いはもちろん、村上、新井ら上級生がしっかりと結果を残してきたのも大きいです。特に村上は3大駅伝を4度走っていずれも二桁順位でしたから…

 

樋口や海老澤剛らが万全であれば、全日本でもシードを期待したくなるほど戦力は充実してきています。中央学院が最後にシードを獲得したのは2008年、絶対的エースだった木原が4年時に5位に入った時ですね。全日本予選ではヒヤヒヤの7位通過から、出雲4位で一気に期待が高まる中央学院、出雲の再現を全日本でも是非見せて欲しいものです!!

 

全日本大学駅伝の順位予想区間配置予想の投票を受け付けていますので、是非とも投票してみてください!!正確な統計のためにも、1人、1度の投票でお願いします~


PAGE TOP