全日本大学駅伝2016 戦力分析&区間配置予想 ~駒澤大学~

続いては駒澤大学にて、全日本における戦力分析&区間配置予想をしていきます。出雲ではエースの中谷を欠き、工藤も万全では無かったこともあり、1区で9位と苦しいスタートとなると、そこからはなかなか浮上出来ずに総合5位…区間3位以内で走ったのが4区2位だった下のみという物足りない結果でした。。。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。

 

4年:中谷 圭佑、大塚 祥平、西山 雄介、中村 佳樹

3年:工藤 有生、高本 真樹、藤木 悠太、中西 亮貴、紺野 凌矢

2年:下 史典、片西 景、伊勢 翔吾

1年:中村 大聖

 

全日本で復帰すると言われていた中谷が入ってきたのは大きいですね。やはりエースがいないと…一方で出雲エントリーメンバーからは浅石、金尾の4年生2人が外れました。ともに1500mなど短い距離に強さを見せていた選手ですからねえ…全日本の距離はやや厳しいかな。。。

 

4年生からは、出雲1区9位の西山、6区4位の大塚、関東インカレ2部1万mで優勝、3大駅伝8度出場し、区間賞4度を含む7度区間2位以内で走っているエースの中谷、前回の箱根で10区12位、持ちタイム3部門全てで年々着実にタイムを縮めてきている中村佳の4人。

 

3年生からは、出雲3区4位の工藤、2区6位の高本、出雲にエントリーされている藤木、中西、今年5000mで14分16秒、1万mで29分38秒とベストをいずれも更新している紺野の5人。

 

2年生からは、出雲で4区2位の下、2年連続の全日本エントリー、今年5000mで14分6秒とベストを更新、ハーフ路線で結果を残している片西、ハーフベストは63分45秒、今年もハーフで好走するなどロードで安定して結果を残している伊勢の3人。

 

1年生からは、高校ベストは14分3秒、今年もトラックでは安定して14分10秒台のタイムをマークしている中村大聖の1人。

 

そんな駒澤の区間配置予想は以下のとおりです。

 

中谷(4)ー工藤(3)ー高本(3)ー西山(4)

片西(2)ー下(2)ー中西(3)ー大塚(4)

 

中谷、工藤ともに万全であると考えると、やはり1,2区はこの二人に任せたほうが良いのかなあと。1区で出遅れてしまうと、どうしても2区以降は苦しくなってしまいますし、前回も経験している二人に託したいところ。8区は前回も区間3位で好走している大塚が濃厚でしょう。あえて変更するメリットも感じないですし…

 

となると、残る主要区間である4区は出雲でも主要区間を走っている西山かなあと。ただ、出雲の走りを見る限りは下も面白そうですけどね。その下は駒澤が重要視している6区としました。前回は5区8位と苦しい走りでしたが、出雲同様に存在感を見せて欲しいところ。

 

難しいのが残る繫ぎ区間ですが…近年は上級生が任されることが多く、13分台のスピードを持つ高本にしてみました。ただ、3大駅伝ではなかなか結果を残せていないのが気がかりですが…残る5,7区ですが、5区の方が下級生が任されることが多いということもあり、ともに14分1桁のベストを持つ片西が5区、中西が7区としました。

 

いずれも3大駅伝は未経験ですが、日体大、出雲記録会ともに好走した中西、ハーフでも世田谷記録会でも好走した片西は今後に向けて期待したい選手なだけに、3大駅伝デビューを期待したいところ。2週間前の日体大記録会でも抜けた走りを見せる選手はいなかったですからね…本当は藤木や伊勢も見てみたいのですが。。。

 

主要区間はともかく、繫ぎ区間はどうしても近年の戦力や優勝候補と言われる他大学と比べると持ちタイム、実績ともに物足りないと感じてしまいますね。ただ、出雲と違って駒澤は全日本を非常に得意としていますし、過去10大会でも7度優勝を果たしているほど相性が良いです。ここ最近、なかなか見せられていない駒澤大学の強さ、得意の全日本で見せてもらいたいものです!!

 

全日本大学駅伝の順位予想区間配置予想の投票を受け付けていますので、是非とも投票してみてください!!正確な統計のためにも、1人、1度の投票でお願いします~


PAGE TOP