全日本大学駅伝2016 戦力分析&区間配置予想 ~東洋大学~

続いては東洋大学にて、戦力分析&区間配置予想をしていきます。出雲では1区7位と出遅れると、その後も期待のルーキー、主力が揃って苦しい走り、区間3位以内は弾馬のみで他の選手は全て7位以下という圧倒的な安定感を誇ってきた東洋において信じられないような走りで総合9位、関東10校でブービーという結果でした。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。

 

4年:櫻岡 駿、服部 弾馬、山本 采矢

3年:小早川 健、竹下 和輝、野村 峻哉、高森 建吾、堀 龍彦

2年:小笹 椋、山本 修二

1年:渡邉 奏太、相澤 晃、今西 駿介

 

出雲のメンバーからは、2区を走った中村駆が外れ、3年の竹下、堀、2年の小笹、1年の相澤が入ってきました。主力が戻ってきたのは大きいですが、3本柱の一人である口町が出雲に続いてのエントリー漏れ、全日本には間に合うという記事もあったのですが、、、出雲から立て直したい東洋にとっては痛い欠場となりました。

 

4年生からは、出雲1区7位の櫻岡、3区3位の弾馬、6区8位の山本采の3人。

 

3年生からは、出雲5区9位の野村、エントリーの小早川、高森、1万mで29分10秒のベストを更新、3年連続で全日本にエントリーされている竹下、関東インカレ1500mで3位、前回の全日本では7区区間賞で初優勝に貢献した堀の5人。

 

2年生からは、出雲エントリーの山本修、1万mで29分12秒を持ち、箱根では4区6位だった小笹の2人。

 

1年生からは、出雲4区12位の渡邊、出雲エントリーの今西、5000mで13分54秒とルーキートップタイムを誇る相澤の3人。

 

そんな東洋の区間配置予想は以下のとおりです。

 

弾馬(4)ー堀(3)ー竹下(3)ー櫻岡(4)

野村(3)ー山本修(2)ー小笹(2)ー山本采(4)

 

東洋は8年連続でシードを獲得している間、積極的にルーキーを起用する出雲と違い、全日本はわずかに1年生が4人しか走っていません。柏原、啓太、悠太、そして勇馬です。いずれもルーキーにしてその力を見せつけ、大学を代表する選手にまで成長した面々…というわけで、今回は1年は外して予想しています。

 

1区は弾馬、本来であれば前回2区で快走している弾馬が2区かなあとも思いますが、櫻岡が出雲1区で微妙だったこともあり、より重要度の高まっている1区が弾馬かなあと。となると櫻岡は前回好走している4区が良さそうかなあと。そして2区には堀、比較的走りやすい区間ですし、堀のスピードも活かしやすいかなあと。前半から戦力を投入していくことでしょう。

 

残る主要区間の8区は山本采としました。過去6大会のうち、5回4年生が走っている区間ですからね。やはり最長区間は最上級生に任せるのが良いのでは。残る繫ぎ区間ですが、前回6,7区で2年生を起用して優勝したこともあり、6区山本修、7区小笹という2年生にしてみました。ともに安定感のある選手ですし、安心して見ていられますね。

 

5区は繫ぎ区間の中でも東洋は比較的重視していることもあり、前回6区2位と好走している野村を予想しました。出雲も走っていますしね。残る3区に竹下、出雲はエントリー漏れでまだ3大駅伝未経験ですが、1年時や今年の走りを見ていると3大駅伝をそろそろ走って欲しい選手ですからね。

 

口町が外れたことや出雲で奮わなかった選手も多いことで区間配置予想が難しいですね。出雲で9位になるとは全く予想出来ませんでした。全日本は8大会連続で4位以内と高い安定感を誇っていますし、さすがに全日本では立て直してくるでしょう。前回覇者として、強い東洋を見せて欲しいです!!

 

全日本大学駅伝の順位予想区間配置予想の投票を受け付けていますので、是非とも投票してみてください!!正確な統計のためにも、1人、1度の投票でお願いします~


PAGE TOP