2016年 出雲駅伝戦力分析&区間配置予想 ~順天堂大学~

出雲駅伝前日、区間エントリーが本日発表されます。出雲は全日本、箱根と違って当日変更は医師の診断書がない限り不可ですからね。実質、前日エントリーされた選手が走ることとなります。出雲駅伝の戦力分析と区間配置予想、最後は順天堂大学です。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。

 

4年:森 湧暉、西澤 卓弥、作田 直也

3年:花澤 賢人、栃木 渡

2年:塩尻 和也、馬場 スタン恵、金原 弘直、江口 智耶

1年:野田 一輝

 

全日本、箱根のいずれもフル出場している唯一の選手である聞谷がやはり外れてしまいました。やっと復帰してきたという感じでしたし、しょうがないですが痛いですね。。。後は全日本予選を走ったルーキー、橋本と難波が外れたのはちょっと意外でした。ともにトラックシーズンで活躍しており、2組、3組を任されていますからね。

 

4年生からは、出雲唯一の経験者、1年時に4区6位で走っており、1万mで29分10秒のベストを持つ森、前年度は箱根で1区12位と好走、1年時の4区19位からチームの主力にまで成長を遂げた西澤、高校ベストは15分台ながら、14分9秒まで縮め、箱根では10区2位と快走した作田の3人。

 

3年生からは、2年時に13分台、28分台をマークした後は難病に苦しんだものの、今年度復活を遂げてきた花澤、5000mで14分2秒をマーク、箱根で4区3位、全日本予選でも最終組を任されたエースの1人である栃木の2人。

 

2年生からは、リオ五輪に3000m障害で出場、順大だけでなく大学長距離界のエースの1人でもある塩尻、昨年度の全日本、箱根に続いてのエントリー、高校ベストで14分23秒、29分39秒を持つ馬場、5000mで14分18秒のベストをマーク、全日本予選では2組20位で走っている金原の3人。

 

1年生からは、関東インカレ1部3000m障害で8位、全日本予選でも1組17位で走っている野田の1人。

 

そんな順大の区間配置予想は以下のとおりです。

 

塩尻(2)-作田(4)-栃木(3)-森(4)-野田(1)-西澤(4

 

順大の出雲の区間配置は1,3区にダブルエースを起用してくることが多く、ハイレベルな争いが予想される1区はやはり塩尻に走って欲しいところ。となると、3区は塩尻に次ぐ実力者である栃木が良さそうかなあ。今後はもう主要区間を走り続けてほしいですしね。

 

最長区間の6区は西澤にしました。箱根での走りを見ると、こちらも主要区間でも好走を期待させる選手になってきました。ただ、全日本予選のような状態ならば、代わりに作田や森が走ることもありそう。残る繫ぎ区間ですが、順大は2区が3年連続4年生である一方、期待のルーキーは4,5区に起用されることが多いようなので、2区に作田、5区に野田としてみました。

 

作田はスタミナ型かと思っていましたが、スピードも身についてきましたし、出雲でも任せられそうかなあと。野田は安定した走りを見せているので駅伝でも期待出来そうです。残る4区は1年時に同区間を走っている森にしました。ちょっと奮わない走りが続いているのが気になりますが、やはりチームに欠かせない選手ですからね。

 

花澤も万全ならばまずメンバーに入ってくるでしょうし、なかなか予想が難しいですね。塩尻を擁しているのは大きいですし、ハマればいいところまでいきそうですね。他の関東9大学と異なるのは全日本に出場出来ないところ…出雲の後は箱根直行となります。

 

それだけに、出雲での走りが大事になってきますね。全日本予選ではまさかの予選落ちとなってしまいましたが、まずは出雲から上位戦線に絡んでいってほしいですし、そのまま2年連続の箱根シードへとつなげていって欲しいです。

 

出雲駅伝の順位予想区間配置予想の投票を受け付けていますので、是非とも投票してみてください!!箱根予選順位予想もお待ちしております~


PAGE TOP