2016年 出雲駅伝戦力分析&区間配置予想 ~早稲田大学~

続いては早稲田大学の戦力分析と区間配置予想を行っていきます。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。

 

4年:平 和真、井戸 浩貴、武田 凜太郎、鈴木 洋平

3年:光延 誠、安井 雄一、藤原 滋記

2年:永山 博基

1年:新迫 志希、太田 智樹

 

ほぼほぼ、順当なエントリーですね。昨年度3大駅伝フル出場を果たした佐藤、今年ベスト連発、関東インカレ1部1万mで9位に入った車田らが外れてしまいましたが、かといってエントリーされて意外な選手というのもいません。実績のある選手たちがしっかりと入ってきました。

 

4年生からは、関東インカレ1部5000mで2位、タイムも13分38秒まで伸ばし4年間で最高の走りを見せている平、関東インカレ1部ハーフ2位、日本インカレでも5位に入るなど勝負レースで変わらぬ強さを見せている井戸。

 

昨年度は主要区間全てで好走、日本インカレ1部1万mで3位に入った武田、3年までは目立った実績が無かったものの、今年5000mで13分53秒、1万mで29分19秒の好タイムを連発、初の3大駅伝エントリーを果たした鈴木の4人。

 

3年生からは、5000mで13分53秒をマーク、関東インカレ1部5000mで8位入賞を果たした光延、昨年度は箱根で5区5位と好走、1500m~ハーフまで強さを見せている安井、光延、安井に遅れを取っていたものの、昨年度は全日本、箱根でともに区間6位、チームに欠かせない選手となった藤原の3人。

 

2年生からは、昨年度ルーキーながら大暴れ、トラックでは関東インカレ1部5000mで13分台、さらに全日本7区2位、箱根4区4位と駅伝でも活躍した永山の1人。

 

1年生からは、世羅高校で都大路7区区間賞、歴代最高タイムでゴールテープを切ると、今年は5000mで13分47秒の素晴らしいタイムをマーク、日本インカレでも5000mで4位に入り、高3のスランプ?を乗り越えた新迫、中学時代世代トップランナーは高校でも都道府県対抗で快走、今年も早速1万mで29分27秒をマークするなど力の片鱗を見せている太田の2人。

 

そんな早稲田大学の区間配置予想は以下のとおりです。

 

武田(4)-新迫(1)-平(4)-光延(3)-永山(2)-井戸(4

 

今年度の走りやこれまでの実績を考えると、主要区間は4年生の3人、武田、平、井戸に任せるのが良さそうかなあ。いずれも勝負レースで表彰台に上る走りを見せていますしね。となると、前回1区を走った武田、6区を走った井戸はあえていじる必要は無いかなと。

 

残る3区に平が入るのが安定していそうです。今の平なら主要区間でも十分トップ争いが出来そうですしね。前回の井戸は6区10位に終わりましたが、最後はやってくれると信じて…残る繫ぎ区間ですが、学年のバランスを実績を見ると、1~3年に1人ずつになるのかなあ。

 

大迫や高田ら、期待のルーキーが走っている2区にこれまた将来のエース候補である高田、4区に中止となった2年前もエントリーされていた光延、残る5区に昨年度も繫ぎ区間で好走している永山としました。個人的には4年の鈴木も見てみたいんですけどね―。4年生が4人という可能性は低そうかなあ。。。

 

主要区間、繫ぎ区間ともに今年ベストをマークしている選手や関東インカレ、日本インカレで好走してる選手で固められそうですね。優勝を狙う大学では最も万全と言えるエントリーとなっており、3冠を達成した2010年以来となる優勝を狙える陣容が揃っていますね。

 

過去5大会は1位→3位→6位→4位→6位となっており、ここ3年はちょっと苦戦気味ですね。他の全日本や出雲と比べても成績はやや劣ります。ただ、優勝を狙うとなると全日本や箱根に比べると出雲の方が可能性が高そうなのも事実…しっかりと出雲にピークを合わせ、栄冠を目指して欲しいものです!

 

出雲駅伝の順位予想区間配置予想の投票を受け付けていますので、是非とも投票してみてください!!箱根予選順位予想もお待ちしております~


PAGE TOP