2016年 出雲駅伝戦力分析&区間配置予想 ~日本体育大学~

続いては日本体育の戦力分析と区間配置予想を行っていきます。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。

 

4年:小松 巧弥、小野木 俊、大手 敬史

3年:冨安 央、吉田 亮壱、辻野 恭哉

2年:室伏 穂高、宮崎 勇将

1年:中川 翔太、山口 和也

 

1万mで持ちタイムトップ、全日本予選で4組9位と好走したエースの1人である小町が外れてしまったのは非常に痛いですね。さらに、全日本予選で3区13位、5000mのベストも14分ジャストの城越も外れてしまいました。全日本予選の3,4組で4人のうち半分いないのは出雲において厳しい…

 

他はまずまず順当なエントリーといえますかね。日体大・世田谷記録会で5000mベストを更新した選手が10人中6人を占めています。前回の箱根出場者では6区区間記録保持者の秋山らがいませんが、秋山は短い距離での実績は乏しいですし…

 

4年生からは、5000mで13分49秒とチームトップタイムをマーク、箱根でも3区8位で走っているエースの1人である小松、箱根では10区7位、5000mで14分11秒とベストを縮めてきた小野木、前々回の箱根で7区16位、5000mで14分13秒のベストをマークした大手の3人。

 

3年生からは、日本インカレで1万m6位、全日本ではエース区間の2区を任された冨安、箱根では8区5位、今年は関東インカレ1部5000mで6位入賞、5000mで14分4秒のベストを出すなど好調な吉田、全日本予選では3組7位と好走、5000mで13分58秒とチーム3番手のタイムをマークした辻野の3人。

 

2年生からは、全日本予選で一人飛び出す走りで2組ダントツトップ、今年は5000m,1万mともにベストを更新している室伏、全日本予選で1組2位と好走、先日の世田谷記録会で13分59秒の好タイムをマークした宮崎の2人。

 

1年生からは、全日本予選では1組38位と大苦戦したものの、その後5000mで14分7秒までベストを縮めてきた中川、世羅高校時代は都大路の5区区間賞で歴代最高タイムの優勝メンバー、高校ベストで14分23秒を持つ山口の2人。

 

そんな日本体育の区間配置予想は以下のとおりです。

 

小松(4)-室伏(2)-吉田(3)-冨安(3)-宮崎(2)-辻野(3

 

小町がいないことで主要区間を誰が走るのか難しいところですが…1区で出遅れるわけにはいかず、やはり10人の中で持ちタイムも実績もNo.1の小松に任せるのが良さそうかなあ。

 

 

 

3区に吉田、関東インカレで入賞した一方で全日本予選では惨敗となりましたが、5000mで14分4秒とベストを先日更新、上級生になりそろそろ主要区間を走って欲しいところですからね。

 

6区はこれまた悩ましいですが、辻野にしてみました。全日本予選での好走、そして先日13分58秒とベストを更新と今年はずっといい感じできていますからね。3,4年生が主要区間かなあと予想しましたが、力が拮抗している日体大なだけに予想し辛いですね…

 

残る繫ぎ区間ですが、2区は室伏、全日本予選の走りは見事でしたし、主要区間を任されてもおかしくない実力者ですね。前半区間に起用されてくるのでは?4区に冨安、過去3大会はいずれも3年生が起用されていますし、チームエントリー唯一の28分台ランナーです。これまた主要区間でも。。。

 

5区は宮崎、全日本予選での好走と先日の世田谷での13分59秒の走りを見ると、3大駅伝でも走りを見てみたいですよね~他の選手が日体大だったのに、唯一世田谷に出場していたのは気になりますが…

 

今回予想した6人、主要区間は誰が走ってもおかしくないですねー。出雲では優勝こそ無いものの、出場すればずっと上位で走っていますね。過去5回を見ても4位→3位→2位→6位→3位となっています。ここにきてベストを出す選手が多いですし、まずは出雲から上位戦線を大いに賑わせてほしいです。

 

出雲駅伝の順位予想区間配置予想の投票を受け付けていますので、是非とも投票してみてください!!箱根予選順位予想もお待ちしております~


PAGE TOP