2016年 出雲駅伝戦力分析&区間配置予想 ~東海大学~

続いては東海大学の戦力分析と区間配置予想を行っていきます。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。

 

4年:石橋 安孝 、林 竜之介

3年:川端 千都

2年:湊谷 春紀、三上 嵩斗

1年:關 颯人、鬼塚 翔太 、館澤 亨次、阪口 竜平、羽生 拓矢

 

前回の箱根メンバーからは2区を走った春日、3区を走った廣田、6区を走った國行の3人が外れていますね。いずれも全日本を走った選手であり、特に主要区間を任され続けてきた春日が外れたのは痛い…と思わせない強さが今年の東海にはあります。エントリー10人全員が13分台を誇りますからね。

 

4年生からは、前回出雲で6区3位と快走、関東インカレ1部3000m障害では2位に入っている石橋、学生ハーフで優勝、昨年度は3大駅伝全てで4~6位と安定、5000mで13分56秒をマークした林の2人。

 

3年生からは、1年時から主要区間を任され、安定した走りを披露、昨年度の箱根前からの故障に苦しめられましたが、先日13分台をマークして復活を遂げた川端の1人。

 

2年生からは、昨年度はルーキーながら13分台、28分台、62分台をマークし、3大駅伝フル出場、今年も5000mで13分53秒をマークした湊谷、昨年度は3大駅伝未エントリーながら、今年5000mで13分台を2度もマークして一気にブレイクした三上の2人。

 

1年生からは、5000mで13分41秒とチームトップタイムを誇り、1万mで28分48秒を4月にマーク、今年度ルーキーでNo.1の活躍を見せる關、5000mで13分43秒、45秒と40秒台を2度マーク、1万mも28分55秒を誇り、勝負レースでも結果を残し続けている鬼塚。

 

關、鬼塚には劣るものの、5000mで13分48秒の好タイムをマーク、先日記録したセカンドベストも13分54秒とルーキー離れした強さを見せている館澤、関東インカレ1部1500mで2位と短い距離に強く、5000mでも13分51秒を今年マークしている阪口、高校時代の実績は特にロードでずば抜けており、高校ベストは13分52秒、今年も13分55秒のセカンドベストをマークしている羽生の5人。

 

そんな東海の区間配置予想は以下のとおりです。

 

關(1)-川端(3)-鬼塚(1)-湊谷(2)-館澤(1)-石橋(4

 

スーパールーキーの中でも、關、鬼塚、館澤の3人は抜けており、起用される可能性が高そう。その中でもさらに素晴らしい走りを見せている關、鬼塚は主要区間でも十分任せられそうなので、都大路1区区間賞の關を1区に、鬼塚を3区にしてみました。今後の走り次第ではいきなりダブルエースとなるかもしれませんね。

 

ルーキーが1,3区となると、さすがに間は実績のある上級生に任せたいので、川端を予想しました。万全ならば主要区間を任せられるべき選手ですが、先日の世田谷記録会を見る限り、13分台とはいえもう一歩という感じだったので、まずは最短区間の2区ということで。

 

6区は過去に伊達や悠基といったスーパールーキーでは任されていませんし、1年の可能性は低そう。ということで、前回3位と好走した石橋で良いのでは?昨年度から安心して見ていられる選手ですしね。

 

ルーキーが連続するのはややリスクが高いため、1,3,5区に置くと予想して5区は館澤、館澤も主要区間を任されても全然おかしくない強さがありますね。残る4区に湊谷としてみました。昨年度は繫ぎ区間で高いレベルで安定していましたからねえ。前回の2区5位以上の走りは期待できそうです。

 

 

世田谷記録会で結果を残した選手を中心に選んでみました。そのため、走力は抜群ながら奮わなかった阪口、羽生のルーキー2人は外して予想しています。繫ぎ区間に予想した選手が1,3,6区でも全く違和感が無いという東海の圧倒的なレベルの高さですね。

 

前回の出雲では5位という結果でしたが、最低でも3位以内というのが目標になってきますかねえ。優勝しても全くおかしくない選手が揃っています。スーパールーキーがいよいよお披露目となる出雲駅伝、過去には2005~2007年に3連覇していますが、それ以来の出雲制覇なるか?黄金時代の到来を予感させる東海から目が離せませんね!!

 

 

出雲駅伝の順位予想区間配置予想の投票を受け付けていますので、是非とも投票してみてください!!箱根予選順位予想もお待ちしております~


PAGE TOP