4年生特集 中央大学:町澤 大雅 ~新生中央を支え、導くエース~

2017年2月19日

4年生個別特集、続いては中央大学の町澤 大雅について高校時代~大学4年間を振り返っていきます。中学時代から世代トップクラスランナー、高校時代はやや影が薄くなっていたものの安定した走りは見せていました。大学でも輝きを見せています。ただ、怪我さえ無ければ…

 

高校時代

千葉の南流山中時代、都道府県対抗で6区に出場すると、8分31秒の区間新記録をマーク、中学時代から力のある選手でした。市立柏高校に進みましたが、強豪校揃いの千葉では3年間都大路には出場出来ていません。そもそも、3年間の出場校が市立船橋→八千代松陰→柏日体と全て異なりますからね。激戦区ですね。

 

高校2年にしてインターハイ5000mに出場、1組7位で決勝進出まで果たしました。さすがに決勝は厳しく、最下位に終わっていますが、日本人の高2で決勝に進んだのはわずかに3人だけですからね。その凄さがわかります。都道府県対抗にも2年にして最長区間の5区を任され、区間8位と上々の走りを見せました。

 

高3でもインターハイ5000mに出場しましたが、3組8位で2年連続の決勝とはならず・・・それでも、2年連続で出場した都道府県対抗の5区では6位とさらに順位を上げていますし、やはり高校時代も力のある選手でしたねー。ただ、高校ベストが14分17秒止まりだったこともあって、世代トップクラスの選手と比べると評価はもう一歩だったかなあ。

 

~大学時代

1年生

関東インカレ1部で5000mに早速出場、順位は17位でしたが14分15秒と高校ベストを上回るタイムをマークしてきました。続く全日本予選でも3組にエントリーしていたのですが、出場しなかったのは残念…

 

前年度出雲シード&箱根シード落ちで出雲&箱根予選に出場することになった中央大学、町澤は1区8位と上々の3大駅伝デビューを飾りました。そこまでは良かったのですが、故障者の影響もあってまさかルーキーがその数日後に箱根予選に出場することに…

 

疲労の影響は大きく、270位という散々な走りになってしまいました。これはある意味しょうがないですけどね。箱根では主要区間である3区に抜擢されましたが、3区16位と満足のいく走りはできず…箱根予選に続いて悔しい結果となりました。

 

2年生

関東インカレ1部5000mでは2年連続で17位ともう一歩、全日本予選では3組18位と悪くは無いですが、物足りなくもある結果だったかなあ。箱根予選にも出場は出来ませんでした。

 

一躍評価を高めたのはその後の箱根、エースクラスが揃った1区に起用されると、粘りの走りで10位、トップと41秒と上々の走りでした。丸亀ハーフでも62分52秒と大学ベストとなるタイムをマーク、今後の飛躍につながる1年となりました。

 

3年生

トラックシーズン、5000mで14分5秒、1万mで28分43秒と立て続けにベストを連発、さらに関東インカレ1部1万mでは3位表彰台に上るなどこれまでにない充実の1年を過ごしました。全日本予選でも当然のように最終組を任せられましたが、まさか32分近いタイムで最下位になってしまうとは…やはりトップクラスのランナーであっても万全でなければこういった結果も起きてしまいますね。

 

20150620_co_4_04

箱根予選会にはしっかりと合わせてきての15位、チーム2番手の走りで連続出場を繫ぎました。上尾ハーフで62分台をマークし、迎えた箱根では2年連続で1区を任されましたが、前回を上回るハイペースにも臆すること無く付いて行き、4位と素晴らしい走りを見せました。これが大学ベストレースでしょう。タイムも62分ジャストという見事なものでした。

 

4年生

5000mで早速14分2秒と大学ベストとなるタイムをマーク、昨年度以上の活躍が期待されましたが、関東インカレ1部1万mでは22位に沈んでしまい、全日本予選にもエントリーから外れてしまいました。日本インカレ1万mもエントリーされながらDNS(棄権)でした。

 

3年の関東インカレや箱根の結果を見ればその力に疑いようはありませんが、なかなか継続してレースに出場出来ていませんね。楽しみな1年生が出てきたとはいえ、箱根予選を突破し、箱根でも結果を残すにはやはり町澤の存在は必要不可欠ですし、万全の状態で箱根予選・箱根に臨み、その力を見せてほしいです!

 

駅伝シーズン、箱根予選に出場し、2年連続の15位でチームトップの走りを見せたものの、他の選手が奮わずに11位…大正時代から続く連続出場がついに途切れることとなってしまいました。個人では、2年時から箱根予選、箱根で外さない走りでチームを牽引してくれました。

 

卒業後は日清食品グループに進むことになります。中谷と同期ということになりますね。佐藤悠基を筆頭に村澤、矢野、高瀬、戸田ら箱根で活躍した選手がずらりと揃い、常に優勝候補に挙げられる強豪です。町澤も勝負レースでは強いですし、十分に箱根メンバー入りするチャンスはあると思います。ニューイヤー駅伝でも、個人としてトラックでも活躍して欲しいです。


PAGE TOP