4年生特集 早稲田大学:平 和真 ~苦しい時を乗り越え、主将としてチームを頂点へ導く~

2017年2月19日

4年生個別特集、続いては早稲田大学の平 和真について高校時代~大学4年間を振り返っていきます。高校時代の活躍に比べるともう一歩という大学時代でしたが、4年時の活躍は高校時代の強さを凌駕していますね。

 

高校時代

愛知の東海中学から豊川工業へと進みましたが、高1まではそこまで目立った成績は残せていませんでしたね。その後、高2の都大路では4区区間賞の快走を見せています。3年時は都大路でも優勝候補の一角と言われながら、同じ愛知県の豊川高校に弾馬、一色らが引っ越してくるというまさかの展開で県予選で敗退してしまうという憂き目に遭いました。

 

平の評価を一躍高めたのが3年のインターハイ、予選3組を日本人トップの2位で通過すると、決勝でも留学生に付いていく積極的な走り、それも付いていくだけではなく、留学生に割って入っての3位、タイムも13分55秒64という素晴らしい走りを見せました。ここ数年、日本人選手が見せたインターハイの走りではベストと言っていいのでは?ただ、その後都道府県対抗では5区9位に留まり、ちょっと物足りない走りになってしまいました。

 

~大学時代

1年生

他のルーキーに比べるとトラックシーズンはやや苦戦気味だったかなあ。しかし、駅伝シーズンでは全日本で3区7位、そして箱根では4区を任されると区間2位と見事な走り、正直、それまであまり目立った走りは出来ておらず、ハーフでも苦戦気味だったのでいきなりの好走にはびっくりしました。その後ハーフで大学ベストとなる63分12秒をマーク、学生ハーフでも63分22秒と安定した結果を残しました。

 

2年生

トラックシーズンで確実に結果を残したのが2年時、5000mでは13分45秒の好タイムをマーク、高校ベストを10秒も上回る走りでした。1万mも29分7秒までタイムを縮め、駅伝シーズンがより一層楽しみになることに…しかし、まさか故障に悩まされることになるとは。。。出雲、全日本はいずれもエントリーさえされず、何とか間に合わせた箱根ですが、本来の走りには程遠く、トップと2分以上離されての4区9位に終わりました。

 

3年生

トラックシーズンは2年時とは逆に自己ベストをマークすることも無ければ、関東インカレにも不出場、さらに全日本予選までエントリー止まりで出場しないという物足りないシーズンでした。しかし、日本インカレ5000mで10位に入ると、出雲では4区3位、全日本では初の主要区間となった2区で6位で走りました。しかし、箱根は3年目にして初めて走れず…不完全燃焼な1年となってしまいました。

 

4年生

そして迎えた最終学年、関東インカレ1部5000mでは日大のワンブィと最後まで優勝を争う素晴らしい走り、後一歩優勝には届きませんでしたが2位で表彰台に上りました。大学の中でもベストレースと呼ぶにふさわしい走りだったのでは?

20160522_5000_1_02

勢いそのままに、ホクレンシリーズでは、5000mで13分38秒、1万mで28分46秒といずれも大学ベストとなるタイムをマーク、特に5000mは現役日本人大学生において、弾馬、中谷に次ぐ3番目のタイムです。

 

苦しい時を経て、再びトップクラスのランナーへと戻ってきた平、主将として迎える最後の駅伝シーズン、狙うはエース区間で他のライバルたちに勝利しての優勝ということになるでしょう。今の平ならば誰が相手でも五角以上の走りが期待出来ますし、これまでなかなか結果を残せなかった3大駅伝、今までの悔しさを晴らすような爆発的な走りを見せて欲しい!!

 

駅伝シーズン、出雲では初めて1区を任されましたが、終盤に急遽ペースダウンしてしまい、まさかの区間13位と出遅れてしまうことに…3大駅伝で初めて&唯一の二桁順位となってしまいました。しかし、全日本ではきっちりと立て直して2区2位と好走、総合2位に大きく貢献しました。

 

箱根でも3区を任されて区間2位、どんどん前を追っていく積極的な走りを見せました。4年時の走りはまさにエースというものでしたね~。卒業後はカネボウに進むこととなります。最近はカネボウも苦戦が続いていますが、日大の石川も加わりますし、再びチームが輝きを取り戻すような走りを見せ、平自身もさらなる高みに羽ばたいていって欲しいです。


PAGE TOP