2016年 駅伝シーズンに向けて ~東海大学~

駅伝シーズンに向けての各大学ごとの戦力分析&トラックシーズンをかる~く振り返り、最後は東海大学を取り上げます~ 過去5年間の3大駅伝・予選会の結果、選手一覧はこんな感じです。

 

トラックシーズン、まずは前評判通りの力を見せつけたのが史上最強の呼び声が高い1年生、5000mで13分台の自己ベストをマークしたのが、13分43秒の鬼塚を筆頭に舘澤、關、阪口、西川と5人、さらに羽生も13分55秒で走っており、既に13分台を6人擁しています。

 

1万mでも關が28分48秒、鬼塚が28分55秒と早くも28分台に突入、中島も29分25秒をマークするなど1年生だけで出雲に挑んでも面白そうなほど選手が揃っていますね。そんな1年生に負けじと4年の林が13分56秒、2年の湊谷が13分53秒、三上が13分56秒で13分台は脅威の13人を数えます。

 

勝負レースでは、関東インカレ1部1500mで阪口が2位、林が6位に入った他、3000m障害でも石橋が2位に入っています。全カレでは3000m障害で2~4位に石橋、宮城、三上が揃って入り、5000mで關が7位、鬼塚が8位に入っていますね。

 

そんな東海大学の駅伝シーズン、前回は3大駅伝全てで5位でした。戦力は昨年度をはるかに凌駕しており、優勝候補に名を連ねてきそう。全日本では2003年、出雲では2005年から3連覇を達成していますが、果たして…?箱根16人のエントリー候補、怪我などを考慮しなければ、現時点では大体以下のような感じでしょうか?

 

4年・・・廣田、石橋、林、荒井、安藤

3年・・・川端、春日、國行

2年・・・湊谷、湯澤、三上

1年・・・關、鬼塚、舘澤、羽生、中島

 

箱根経験者は全部で10人いるのですが、そこから8人(青色)選んでいます。前回の往路経験者が4人残り、主要区間を任せられるであろう選手が揃っていますね。特に今回選んだ3,4年生は全員が箱根経験者になります。そして東海で最も気になるのが1年生が何人選ばれるかですが…關、鬼塚、舘澤までは今年度の走りや起用法からしてもまず選ばれそう。

 

さらに、これまでのロードでの走りを見ればやはり羽生も見てみたいですし、中島もベスト連発でメンバーに入ってきてもおかしくないかなあと。長い距離への対応次第ではもっと選ばれてもおかしくないだけの選手が揃っていて、楽しみです。

 

ここまでで13人、残り3人ですが、まずは13分台ランナー(赤色)からは2年の三上も選んでみました。今年ベスト連発で勢いのある選手ですし、全カレで結果を残しているのも心強い。湯澤は前回エントリーされていて、ハーフで64分4秒、安藤はハーフで63分28秒を誇り、昨年度は3大大会全てにエントリーされています。

 

万全であれば、4年生がもっと入ってきて欲しいところですね。1年生に次いで選手が揃っている学年ですし。ただ、前回の箱根にエントリーされている選手が少なく、さらに今年度目立った活躍を出来ていないとなると、どうしても1年生が多くなってしまいそうかなあと。

 

平均持ちタイムで5000m1位、1万mで2位、ハーフで4位と他大学と比較しても戦力は充実、現1年生が上級生になるに連れて優勝の可能性は高まっていくと思いますが、勝負の年に勝てるとも限らないのが3大駅伝の戦い、今年度はまずは3位以内、そしてチャンスがあれば優勝を目指して言ってほしいですね!


PAGE TOP