2016年 駅伝シーズンに向けて ~早稲田大学~

駅伝シーズンに向けての各大学ごとの戦力分析&トラックシーズンをかる~く振り返り、早稲田大学を取り上げます~ 過去5年間の3大駅伝・予選会の結果、選手一覧はこんな感じです。

 

トラックシーズン、関東インカレ1部では4年生の活躍が目立ちました。主将の平が5000mで2位、ハーフでは井戸が2位、佐藤が7位に入っています。持ちタイムでも平は5000mで13分38秒、1万mも28分46秒まで伸ばしました。

 

一気にタイムを縮めてきたのは鈴木、3年までは目立った活躍は出来ませんでしたが、5000mで13分53秒、1万mでも29分19秒をマークし、一気に飛躍してきましたね。他には車田、石田が3部門全てで自己ベストを更新するなど選手層もグッと厚くなってきました。

 

ルーキーの新迫も13分47秒をマークし、全カレでも4位入賞を果たすなど高3の不調が嘘のように好走を連発しています。全カレでは武田が1万mで3位に入ったのが光りましたね。本当に多くの選手が今年度ベストをマークしていますし、それ以上に勝負レースで結果を残しています。

 

そんな早稲田大学の駅伝シーズン、3大駅伝フル出場はもちろん確定しており、この勢いを見ると久しぶりに3大駅伝で優勝争いも出来るのでは?と期待せずにはいられません。箱根にエントリーされる16人候補、怪我などを考慮しなければ、現時点では大体以下のような感じでしょうか?

 

4年・・・平、井戸、武田、佐藤、鈴木、柄本、今井

3年・・・光延、安井、藤原、石田

2年・・・永山、車田、清水

1年・・・新迫、太田

 

箱根経験者は8人(青色)いますが、いずれも主力級が揃っていますね。3大駅伝でもまずこのメンバーが中心に区間配置されることでしょう。他に3大駅伝・予選会の経験者はいませんが、各学年楽しみな選手が揃っています。

 

4年からは今年絶好調の鈴木は当然入ってくるでしょうし、過去2年連続で箱根にエントリーされ、ハーフで64分8秒を持つ柄本、ハーフで64分27秒を持つ今井の3人を選んでみました。やはり、4年生が中心のチームとなりそう。

 

3年からはハーフで64分13秒をマークし、関東インカレで10位に入った石田はまず入ってきそう。2年からは関東インカレ1万mで9位に入ってきた車田はほぼ確実として、高校時代に実績のある清水も選んでみましたが…現状は16番手争いの一人かなあ。。。

 

1年からは順当に1万mで29分27秒をマークし、ロードでも強い太田にトラックシーズンで大活躍だった新迫の二人を選んでみました。これで16人ですねー。他には4年の浅川、3年の谷口、2年の小澤、1年の大木あたりも長い距離に対応していればメンバー争いに加わってきそうかなあ。

 

16人をすんなりとは選べませんでしたが…12人くらいならばサクッとという感じかなあ。以前よりも選手層が厚くなってきたとはいえ、どうしても推薦枠の少ない早稲田は少数精鋭となりますね。駅伝シーズンには例年に増して期待がもてそうですし、勝負の年となりそうです。まずは3年間届いていない3位以内に、そしてその先に3大駅伝での優勝を目指して頑張ってほしいです!


PAGE TOP