2016年 駅伝シーズンに向けて ~國學院大學~

駅伝シーズンに向けての各大学ごとの戦力分析&トラックシーズンをかる~く振り返り、國學院大學を取り上げます~ 過去5年間の3大駅伝・予選会の結果、選手一覧はこんな感じです。

 

トラックシーズンは5000mでベストを出す選手が多かったですね。14分10秒台で細森、稲毛、軸屋、青木が自己ベスト、14分20秒台で松本、磯邊、熊耳、土方らが自己ベストを出しています。一方で1万mのベストを見てみるとあまり奮わず、全日本予選に出場したルーキーの土方が30分6秒をマークしたくらいかなあ。

 

最も、國學院のトラックシーズンといえば何といっても全日本予選、前回は9位でギリギリの通過でしたが、今回は6位通過を果たしました。10位以内が一人もいない一方、30位以下も一人もいないという國學院らしい安定した走りでした。

 

そんな國學院大學の駅伝シーズン、全日本は2年連続の出場を果たした一方、前回の箱根予選ではまさかの13位で予選落ちでしたからね。現有戦力を考えると、箱根復帰は最低限の目標と言っていいでしょう。箱根予選にエントリーされる14人候補、怪我などを考慮しなければ、現時点では大体以下のような感じでしょうか?

 

4年・・・蜂須賀、細森、稲毛松本、曽我部

3年・・・向、國澤磯邊内田花沢、熊耳

2年・・・江島

1年・・・土方、青木

 

箱根経験者は蜂須賀、細森の二人だけなんですよね。やはり、1度であっても箱根に出場できないとグッと経験者が減ってしまいます。3大駅伝経験者まで広げると7人(青色)に増え、全員選んでいます。蜂須賀、細森といったエース格にハーフの持ちタイムを見ても63分台の選手がズラッと揃っているのも心強いです。

 

箱根予選経験者(橙色)からは3人選んでいます。持ちタイムは決して悪くは無いのですが、前回の箱根予選では3人とも140位以下、松本、磯邊はチームでも11,12位ですからね…前回の経験を活かして欲しいところ。

 

今年の全日本予選経験者(赤色)からは2人選んでいます。熊耳は1組18位、土方は2組13位とともに好走をしており、ともに5000mでベストをマークしているのも好材料ですね。駅伝シーズンも楽しみです。ここまでで12人、残り2人は学生ハーフで63分46秒と好タイムをマークした曽我部に今年5000mで14分17秒のベストをマーク、高校時代からロードの実績豊富な青木を選びました。

 

1万mで28分台こそ蜂須賀しかいませんが、62分台~64分台で14人揃ってしまうほど選手は揃っていますからねー。前回50位以内が1人、90位以内に3人しかいなかったのが信じられないですね…持ちタイムは私が把握する25大学中1万mで11位、ハーフではなんと6位にランクインしています。

 

とはいえ、持ちタイム通りの結果になるとは限らないのが一発勝負である箱根予選会の面白さでもあり、怖さでもあります。それは國學院は一番良くわかっていることでしょう。前回の悔しすぎる結果を教訓に、まずは箱根予選を上位通過し、5年ぶりのシード返り咲きを狙って欲しいです!


PAGE TOP