2016年 駅伝シーズンに向けて ~日本体育大学~

駅伝シーズンに向けての各大学ごとの戦力分析&トラックシーズンをかる~く振り返り、日本体育大学を取り上げます~ 過去5年間の3大駅伝・予選会の結果、選手一覧はこんな感じです。

 

トラックシーズン、関東インカレ1部では1万mで6位に小松、吉田が5000mで6位とともに結果を残しました。ともに同種目で自己ベストも更新しているのが良いですね。持ちタイムでは5000mでベストを出す選手が多かったです。

 

13分56秒とチーム唯一の13分台をマークした小町に、城越も後0.04秒で13分台でしたし、吉田、冨安、ルーキーの中川が14分1桁、大手、宮崎も14分10秒台と大盛況でしたね。一方の1万mは小松以外には宮崎が29分45秒をマークしたくらいでしたねー。また秋に1万mのタイムも縮めてきて欲しいところ。

 

そんな日体大の駅伝シーズン、全日本予選ではしっかりと3位通過を果たしていますので、3大駅伝フル出場を確定させています。選手も揃っており、全日本(前回12位)、箱根(前回7位)ともに前回以上の順位が期待されますね。箱根にエントリーされる16人候補、怪我などを考慮しなければ、現時点では大体以下のような感じでしょうか?

 

4年・・・小松、小野木、秋山、山本、大手

3年・・・小町、冨安、吉田辻野城越、大崎

2年・・・室伏宮崎、三原

1年・・・廻谷、中川

 

箱根経験者が非常に多いのが日体大の強みですが、そこから10人(青色)選んでいます。前回の箱根経験者が7人、その中には6区区間記録保持者の秋山はもちろん、主要区間を走った選手、区間一桁で走った選手が揃っています。前々回経験者も山本、大手、冨安と実力者揃いで、この10人がそのまま箱根を走ってもおかしくない選手が揃っていますね。

 

今年の全日本予選に出場した選手からは3人(赤色)選んでいます。ルーキーの中川こそ1組38位に沈みましたが、1組2位だった宮崎、3組7位だった辻野はいずれも箱根に出場してもおかしくない選手、特に辻野は5区候補とも言われているだけに楽しみです。

 

ここまでで13人、残り3人ですが・・・ハーフは65分51秒ですが、前回の箱根にエントリーされている大崎、前回の箱根予選にエントリーされていた三原、5000mで14分19秒、1万mで29分57秒を持ち、全日本予選にもエントリーされていた廻谷を選んでみました。

 

今年も戦力は充実していますねー。昨年度と比べても遜色ないどころか上回っているかも…前回の箱根7位も5区18位という失速があっての上ですし、さらに力をつけた室伏が走っても辻野が走っても心配は無さそうかなあ。6区はもちろん最速ランナーがいますし、箱根はますます楽しみです。

 

スピードのあるランナー、今年度勢いのある選手が何人もいるだけに、過去3大会の出場で2位→6位→3位と結果を残している出雲、逆に過去3度はいずれもシードを逃している全日本、箱根だけではなく3大駅伝全てで存在感を示して欲しいです!


PAGE TOP