2016年 駅伝シーズンに向けて ~東洋大学~

駅伝シーズンに向けての各大学ごとの戦力分析&トラックシーズンをかる~く振り返り、東洋大学を取り上げます~ 過去5年間の3大駅伝・予選会の結果、選手一覧はこんな感じです。

 

トラックシーズン、特に活躍したのが4年生ですね~。弾馬は5000mで13分34秒64と現役日本人大学生トップとなるタイムをマーク、関東インカレ1部では1万mで7位、5000mで3位に入った口町の活躍が目立ちました。

 

持ちタイムでも、1万mで櫻岡が28分22秒をマークしたのを筆頭に口町が28分42秒、橋本が29分6秒、山本采が29分10秒をマークし、成瀬もベストを更新するなど勇馬世代が抜けてもまだまだ東洋は強いところを見せてくれました。

 

もちろん、4年生だけではありません。3年の堀は関東インカレ1部1500mで3位表彰台、山本修もハーフで入賞しましたし、ベスト更新では、竹下が1万mで29分10秒、そして何といってもルーキー渡邊がいきなり28分59秒と28分台をマークしたのは衝撃的でした。エース格、中堅、ルーキーと万遍なく活躍してくれました。

 

そんな東洋大学の駅伝シーズン、もちろん3大駅伝フル出場は確定しており、3大駅伝優勝を目指していくこととなりますし、それだけの戦力を有しているでしょう。そんな中でも目指すは箱根奪還、エントリーが予想される16人候補、怪我などを考慮しなければ、現時点では大体以下のような感じでしょうか?

 

4年・・・弾馬、櫻岡、口町、橋本、山本采、成瀬

3年・・・竹下、野村、小早川、、荒武

2年・・・小笹、山本修

1年・・・渡邊、今西、相澤

 

箱根経験者は意外にも5人(青色)しかいないんですよね。設楽世代、田口世代、勇馬世代と強い選手が揃っていましたからね…4年生の3人はそのまま3本柱と呼べる選手たちですし、2年の小笹、山本修も箱根を経験し、主力となることが期待される選手です。

 

3大駅伝経験者となると、2人(赤色)いますが、これまた今のチームに欠かせない2人ですね。万全であれば箱根も走っていたでしょうし、堀、野村ともに3大駅伝で好走した実績があるのは大きいです。3大駅伝経験者は7人ということで、ここからは未経験者となりますが…

 

4年生からは、橋本、山本采、成瀬といういずれも今年1万mでベストを更新している3人を選びました。ともに3大駅伝に複数回エントリーされてますし、いずれも最上級生として3大駅伝に出場してもおかしくないですね。というか箱根は複数人走ってもらわないと困るですからね~

 

3年からは今年1万mで29分10秒をマークした竹下、29分25秒をマークした荒武、ハーフで63分17秒を持つ小早川の3人を選びました。竹下は1年の出雲で6区予定でしたし、小早川も1年時は3大駅伝全てにエントリーされています。堀、野村に負けずに3年生も台頭が期待されますね。

 

最後に1年は28分台ランナーの渡邊、5000mで13分54秒を持つ相澤、高校時代にロードでの実績が抜群の今西という3人を予想してみました。他には14分2秒を持つ中村もいますし、今年のルーキーも粒ぞろいですよね―。何人メンバーに食い込んでくるか、楽しみです。

 

エース級は揃っ知恵ますが、ここ数年の中ではやや選手層は薄いですかね?最も、夏合宿を経てガラッと厚みを増しているかもしれませんが…どちらにしろ、3大駅伝において優勝候補の一角に挙げられることは間違いないでしょうし、既にトラックシーズンでも力を見せていますが、駅伝シーズンでもやっぱり東洋は強いというところを見せつけて欲しいです!


PAGE TOP