2016年 駅伝シーズンに向けて ~日本大学~

駅伝シーズンに向けての各大学ごとの戦力分析&トラックシーズンをかる~く振り返り、日本大学を取り上げます~ 過去5年間の3大駅伝・予選会の結果、選手一覧はこんな感じです。

 

トラックシーズン、やはり違いを見せたのはエースのワンブィ、関東インカレ1部5000m,1万mともに優勝で2冠を達成しました。5000mのベストも13分27秒まで伸ばし、前日本予選も4組1位とまさに無双状態ですね。ハーフはまだ経験が無いですが、何も問題無いでしょう。

 

日本人エースの石川は全日本予選で4組12位と結果を残し、日本インカレ5000mでは高校ベストをついに更新する走りで2位と素晴らしい走りを見せました。他には5000mで14分2秒をマークした石井、14分8秒を出した岡野の走りが光りました。ともに3大駅伝経験者、さらに飛躍してくれれば。

 

そんな日本大学の駅伝シーズン、全日本予選では最終組の二人はもちろん、2組4位の加藤、3組8位の川口の好走もあって山梨学院大に次ぐ2位で出場権を確保しました。とはいえ、まずは箱根予選会を通過しないことには始まりません。箱根予選にエントリーされる14人候補、怪我などを考慮しなければ、現時点では大体以下のような感じでしょうか?

 

4年・・・石川、清水目、山崎和

3年・・・岡野、石井、高野、山崎一川口町井宏新関

2年・・・ワンブィ加藤

1年・・・阿部、金子

 

箱根経験者である7人(青色)は全員入れて予想しました。7人中6人が前回の箱根で走っていますし、残る高野も箱根後にハーフで63分台をマークしています。ただ、大きな貯金を確実に見込めるのは石川くらいなだけに、他の選手はまずは2桁順位というのが最低限の目標になりそう。

 

箱根予選経験者は3人(橙色)いますが、こちらもわざわざ外す選手はいないですね。加藤は1年の時から活躍していましたが、川口は今回の全日本予選の好走で評価を高めました。前回は217位に沈んでいますが、そこからの大幅な巻き返しに期待です。

 

今年の全日本予選に出場した3人(赤色)もやはりエントリーされそうかなあ。最も、1人はチームの絶対的エースであるワンブィですけどね(笑)キトニーがいたことで昨年度は3大駅伝・予選会に出場していませんが、今年度の走りは大学No.1と呼べるものですし、箱根予選でもトップ候補の筆頭です。

 

他は阿部、金子というルーキーですが、長い距離に対応出来ていればメンバー争いにも入ってくるでしょう。持ちタイムでは5000m,1万mともに二人を上回る石垣も楽しみな存在です。今年の1年は複数箱根予選を走るかもしれませんね。

 

ここまでで13人、最後は4年の山崎和にしました。昨年度は全日本、箱根ともにエントリーされていますし、今年は5000mでベストを出した他、関東インカレ1部1500mでは5位に入っています。1万mで31分台、ハーフもギリギリ65分台というのが気にはなりますが、最上級生が少なくなりそうなだけに、入ってきてくれれば。

 

やはり人数的には3年生が一番多くなりそうですね。持ちタイムを見てもこれまでの実績を見ても選手が一番揃っています。一方で4年には石川、2年にはワンブィ、加藤がおり、エース級は他の学年という感じかなあ。前回の箱根予選はトップ通過を果たしており、その再現を期待したいところですね。いい形で箱根予選を突破し、全日本、箱根のシード復帰につなげていって欲しいです。


PAGE TOP