2016年 駅伝シーズンに向けて ~東京農業大学~

駅伝シーズンに向けての各大学ごとの戦力分析&トラックシーズンをかる~く振り返り、東京農業大学を取り上げます~ 過去5年間の3大駅伝・予選会の結果、選手一覧はこんな感じです。

 

ここ2年、箱根出場を逃して苦しい戦いが続いていますが、今年のトラックシーズンも厳しい戦いに・・・唯一関東インカレで勝負出来ると思っていたエースの小山は1万mで10位とまずまず、5000mで13分55秒、前日本予選でも最終組で20位とさすがの走りを見せました。

 

しかし、他には1万mであらたに29分台に載せてきた選手もいませんでしたし、5000mで14分30秒を切ってきた選手もルーキーの高田一人でした。その高田は全日本予選でも2組18位と好走、全日本予選でも数少ない収穫となりました。

 

そんな東京農業大学の駅伝シーズン、箱根予選会で3年ぶりの箱根路を目指すことになります。過去2大会は11位、12位と後一歩本戦に届かず、選手層も薄くなってきているのが気がかりです。箱根予選にエントリーされる14人候補、怪我などを考慮しなければ、現時点では大体以下のような感じでしょうか?

 

4年・・・木山、荒木、折居、西村、畠山

3年・・・茂木高橋、高良、内沼

2年・・・小山、田中、加藤

1年・・・高田

 

箱根経験者は誰もいませんので、箱根予選経験者が中心になってきます。7人(青色)全員選んでみました。しかし二桁順位で走った経験があるのは、小山と木山の二人だけ、経験者であってもやはり厳しい戦いになりそうです。小山には浅岡や戸田といったOBたちのようにエース級の走りが求められますね。

 

上記以外で今年の全日本予選に出場した選手から4人(赤色)選んでいます。高橋、高良ともに複数回出場していますし、高良は今年ベスト連発です。初の箱根予選となっても何とか粘って欲しいところ。森、高田はともに組36位と全日本予選は苦戦しましたが、その借りを箱根予選を返して欲しいところ。

 

ここまでで11人、残り3人はハーフで64分8秒を持つ4年の畠山、ともにハーフベストは66分台ながら全日本予選にエントリーされた2年の田中、加藤としてみました。私が把握している25大学中ハーフの持ちタイムは23位、1万mでは24位でブービーと数値上はかなり苦しいですね。かといって、持ちタイム以上の実績がある選手がいるかというと、疑問符が・・・

 

正直、昨年度との戦力比較や今年度のトラックシーズン、全日本予選の走りを見るかぎりは箱根予選通過は厳しそうかなあというのが正直な感想です。予選突破するとなれば、やはり4年生の走りが大事になってきますよねー。通過は厳しいかもと言われつつトップ通過した3年前のように、今回も前評判は高く無いでしょうが、そんな評判を覆すような走りを見せて欲しいです!


PAGE TOP