2016年 駅伝シーズンに向けて ~神奈川大学~

駅伝シーズンに向けての各大学ごとの戦力分析&トラックシーズンをかる~く振り返り、神奈川大学を取り上げます~ 過去5年間の3大駅伝・予選会の結果、選手一覧はこんな感じです。

 

トラックシーズン、大活躍だったのがエースの鈴木健とルーキーの荻野、鈴木健は関東インカレ2部1万mで3位表彰台に上ると、全日本予選でも4組4位、持ちタイムでも5000mで13分57秒、1万mは28分30秒までタイムを伸ばし、まさに絶対的エースと呼ぶに相応しい活躍を見せました。

 

一方の荻野は得意の3000m障害で大活躍、関東インカレ2部では見事に優勝を果たすと、アンダー20世界選手権で決勝進出、日本選手権でも5位入賞を果たすなど結果を残し続けました。5000mのベストも14分9秒まで縮め、ルーキーらしからぬ安定感を見せました。

 

全日本予選では1組3位の中神、2組3位の鈴木祐らの活躍もあって最終組までいい位置で繫ぎ、鈴木健、山藤のダブルエースが最終組で上位通過間違いなしと思いましたが、まさかのラスト1周で山藤にアクシデントが発生…予選通過はなりませんでしたが、駅伝シーズンに向けて楽しみになる走りが多かったのも事実です。

 

そんな神奈川大学の駅伝シーズン、確定しているのは箱根予選会のみ、予選通過はもちろんのこと、毎年言っていますが今度こそ、今度こその箱根シード獲得が期待されます。箱根予選にエントリーされる14人候補、怪我などを考慮しなければ、現時点では大体以下のような感じでしょうか?

 

4年・・・中神、中平朝倉石橋

3年・・・鈴木健、大野、大川枝村鈴木祐、秋澤

2年・・・山藤、多和田

1年・・・越川、荻野

 

箱根経験者からは8人(青色)選んでみました。やはり、3,4年生が中心になってきまね。特に3年生はいずれも主要区間を任されもおかしくない選手が揃っています。箱根予選経験者からは2人(橙色)、ともに箱根にもエントリーされていますし、特に枝村は今年ベスト連発でそろそろ3大駅伝デビューも期待されます。

 

ここまでで10人、さらにルーキーからは今年全日本予選に出場した越川(赤色)と3000m障害で大活躍の荻野の二人も予想しました。ともに、今年好調で5000mもベストを更新しているのが心強いですね。他に14分10秒台を持つルーキーの宗や安藤も長い距離への対応次第ではメンバーに入ってくるかもしれません。

 

残り2人は前回の箱根、そして今年の全日本予選にもエントリーされた秋澤と今年5000mでベストをマークし、全日本出場経験もある多和田としてみました。他にも万全であれば4年の東もメンバーに入ってくるでしょうし、長い距離に対応していれば、浅利・佐久間あたりも見てみたい選手です。

 

 

 

3大駅伝・予選会の経験者は既に16人を数えますし、実績のある選手も多く正直箱根予選突破は心配いらないでしょう。むしろ、今の神大ならば3位以内での通過も期待出来るでしょう。今年は全日本の出場権を逃しているだけに、それをプラスに働かせたいですね。箱根予選を通過すれば、2週間後の全日本に無理することなく、箱根にピークを合わせられますし…12年ぶりのシード、獲得して欲しいです。


PAGE TOP