2016年 駅伝シーズンに向けて ~帝京大学~

駅伝シーズンに向けての各大学ごとの戦力分析&トラックシーズンをかる~く振り返り、帝京大学を取り上げます~ 過去5年間の3大駅伝・予選会の結果、選手一覧はこんな感じです。

 

トラックシーズン、何といっても大活躍だったのは2年の竹下ですね。5000mで14分3秒、1万mで29分10秒とチームトップタイムを叩き出し、全日本予選も4組5位とエース級へと飛躍を遂げました。

 

他にも5000mで14分10秒台のベストを内田、宇佐美、新関、岩佐らがマークしており、盛況でした。その一方で1万mは30分きりのベストは竹下以外に小手川だけでちょっと物足りなかったかあ~全日本予選では1,2組はやや奮わなかったものの、3,4組ではともに5位で走る選手がいたこともあり、5位通過となりました。

 

そんな帝京大学の駅伝シーズン、前回の箱根では激しいシード争いを制してシード獲得となりましたので、3大駅伝フル出場を確定させました。そんな中でも最大の目標であろう箱根、エントリーされる16人候補、怪我などを考慮しなければ、現時点では大体以下のような感じでしょうか?

 

4年・・・内田、加藤、瀬戸口、島口宇佐美

3年・・・小手川、佐藤、田中

2年・・・竹下、畔上、横井、濱川、新関、大塚

1年・・・岩佐、島貫

 

箱根経験者は5人(青色)とかなり少なめですね。ここ数年、4年生に主力が揃っていましたからね。なかなか下級生が割って入るのは容易ではありませんでした。全日本経験者は2人(橙色)ですが、ここに竹下が入ってきますね。3大駅伝全てで主要区間を任されることでしょう。さらに、今年度の全日本予選出場者が3人(赤色)おり、宇佐美、岩佐が好走しているのも心強いです。

 

ここまででの10人は入ってくる可能性が高いとして、残り6人…未だに3大駅伝・予選会未出場の3年生ですが、小手川、田中、佐藤というハーフで65分中盤を持つ3人を予想してみました。そろそろ3年生も存在感を出していきたいところ。

 

他は横井、濱川、新関というベストを出して勢いのある2年生を選んでみました。どうしても、2,4年生の人数が多くなってしまいますよねー。選手層だけでなく、エースクラスが揃っています。ただ、箱根16人を選ぶとなると、やはり誰を外そうではなく誰を選ぼうかという状況ではあるかなあ。

 

となると、期待するのは帝京得意の育成ですかね~駅伝シーズンには自己ベスト連発、そしてあっという間にメンバー争いに絡んでくる新戦力の台頭というのが帝京が今まで見せてきたパターンでもありますし、ここ最近では選手層の薄い今年度こそ、なおさら一気に伸びる選手が出てきて欲しいところです。

 

出雲、全日本はここ最近、出場しても二桁順位が続いていますので、そろそろ結果を残したいところかなあ。というか、ほぼ1区で遅れてそのままというパターンが多いですね。前回の全日本こそエースの高橋裕の活躍で好スタートを切りましたが、その後は散々という。。。せめて前半区間くらいはもう少し上位戦線で粘る走りを見せてほしいなあ。そして、2年連続でシード権獲得を目指して欲しいです。


PAGE TOP