2016年 駅伝シーズンに向けて ~駒澤大学~

駅伝シーズンに向けての各大学ごとの戦力分析&トラックシーズンをかる~く振り返り、駒澤大学を取り上げます~ 過去5年間の3大駅伝・予選会の結果、選手一覧はこんな感じです。

 

トラックシーズン、チームのエースである中谷が関東インカレ2部1万mで優勝したのは素晴らしかったですが、それ以外はあまり目立った走りを見せられませんでした。持ちタイムでは、大塚、西山、下が13分台のベストをマーク、藤木、紺野といった3年生が5000m,1万mでともにベストを更新したのは収穫だったか。

 

2年生では片西、物江、山口、堀合らが5000mでベストを更新、1年で台頭してきた片西、堀合に対し、物江、山口は2年生になってグッと伸びてきており、楽しみな学年になるかも。。。

 

その一方でルーキーは全くと言っていいほど存在感を示せませんでしたね。そもそも8人と人数が少ない上に、5000mで自己ベストを更新した選手が誰もいないという…夏合宿を経て台頭してくる選手が一人でも出てきて欲しいところです。

 

そんな駒澤大学の駅伝シーズン、前回は3大駅伝全てで3位、ただ現状の戦力を考えるとその順位を全て守れただけでも上出来な気が・・・そのくらい、ここ数年では最も苦しいシーズンとなるかもしれません。そんな駒沢大学の箱根16人候補、怪我などを考慮しなければ、現時点では大体以下のような感じでしょうか?

 

4年・・・中谷、大塚、西山、中村、浅石、廣瀬

3年・・・工藤、高本藤木、紺野川戸

2年・・・片西、伊勢、堀合

1年・・・中村大聖

 

3大駅伝経験者は7人(青色)、ダブルエースの中谷、工藤を中心にチームの主力が揃っており、当然エントリーされてくることでしょう。箱根経験者である7人は当然中心となっていって欲しいところ。経験者以外では、やはり今年度の勢いというのが大事かなあと。

 

まずは5000m,1万mでともにベストを更新した2人(橙色)は入ってくるでしょう。藤木は関東インカレ2部5000mでも上々の走りを見せましたし、紺野も前回の全日本、箱根にエントリーされている選手で安定感もありますからね。

 

また、今年ハーフでベストを更新した選手からは5人(赤色)選んでみました。ハーフ63分台の伊勢、64分台の堀合、川戸、片西に65分一桁の廣瀬ですが…いずれも勝負レースでは結果を残せていないんですよね―。1万mのベストでは29分14秒を持つ川戸以外は未経験が2人(堀合、廣瀬)、30分台が2人(伊勢、片西)ということで走力の面でもまだ不安は残りますが…

 

ここまでで14人、残り3人は5000mで13分台を持つ主将の浅石、14分3秒を持つ中村大聖としてみました。浅石はまだハーフを未経験、中村大聖も1万mでは30分32秒に留まり、さすがに厳しいかなとも思うのですが、かといって他に選手がいるかというと難しいところ…

 

16人選ぶのはかなり厳しいというのが正直な印象です。ここまで選手層が薄くなったのは、宇賀地世代が1年の時以来とか・・・?駒澤にとってはまさに正念場だと思います。このまま優勝争いを続ける戦力を維持出来るのか、それとも青学、東洋、東海らの後塵を拝し、優勝候補から落ちていってしまうのか…今までずっと優勝戦線に残り続けてきたその安定した強さを今年度も見せて欲しいです!!

 


PAGE TOP