2016年 駅伝シーズンに向けて ~青山学院大学~

2016年9月4日

駅伝シーズンに向けての各大学ごとの戦力分析&トラックシーズンをかる~く振り返り、青山学院大学を取り上げます~ 過去5年間の3大駅伝・予選会の結果、選手一覧はこんな感じです。

 

神野、久保田らチームを支えてきた選手が多数卒業し、戦力ダウンも懸念されましたが、トラックシーズンから違いを見せました。特に一色は関東インカレ2部で5000m優勝、1万mで2位とエースの名に恥じない走り、5000mでは、ルーキーながら3位に入った鈴木には驚かされました。田村和も4位とトップ4のうち3人を青学が占めることに…

 

他にも関東インカレ2部1500mで2年連続2位の茂木やハーフで2連覇を達成した池田もいますし、勝負レースでの強さは今年も健在です。持ちタイムを見ても、5000mで13分台は既に11人、今年だけでも13分39秒の一色を筆頭に田村和、中村、茂木、梶谷、小野田、鈴木が13分台の自己ベストをマークしています。

 

今年も変わらぬ強さを見せている青山学院大学の駅伝シーズン、出雲、全日本も優勝候補として臨むことになるでしょうが、やはり最大の目標は箱根3連覇になるでしょう箱根にエントリーされる16人候補、怪我などを考慮しなければ、現時点では大体以下のような感じでしょうか?

 

4年・・・一色、秋山、安藤池田村井茂木、田村健

3年・・・下田、中村祐、田村和

2年・・・梶谷森田小野田橋詰

1年・・・鈴木、中村友

 

青学の躍進を支えた世代が抜けても箱根経験者は8人(青色)残っているのが心強いですね。さらに、その8人のうち7人が区間3位以内で走った経験があるのが恐ろしい。。。主要区間に特殊区間経験者もおり、今年度の青学も強いことが伺えます。

 

他に3大駅伝経験者は茂木しかおらず、ここまでの9人はまずメンバーに入ってくるのでは?未経験者でも持ちタイムがこれまた素晴らしい。他には、ハーフで64分切りの3人(橙色)、5000mで13分台の4人(赤色)に1万mで29分11秒を持つ田村健を入れて16人としてみました。

 

池田は62分45秒、森田は63分1秒とチームでも上位のタイムを持っていますし、5000mで13分台を持つルーキーの鈴木、中村友も今後が楽しみな存在ですね。特に鈴木は上りにも自信があるようで、これでまた青学の山が万全ならば3連覇もグッと近づきそうです。。

 

さすがに昨年度ほどの圧倒的にずば抜けた強さは無いかもしれませんが、それでも青学を上回る戦力を誇る大学というのも他に見当たらないのが現状です。まだまだ選手層も厚いですし、特に箱根駅伝へのピーキングはずば抜けたものがあります。まだまだ青学の時代が続くのか、それとも他の大学が巻き返してくるのか、今後を占ううえでも青学にとって大事なシーズンになりそうです!


PAGE TOP