2016年 駅伝シーズンに向けて ~専修大学~

駅伝シーズンに向けての各大学ごとの戦力分析&トラックシーズンをかる~く振り返り、専修大学を取り上げます~ 過去5年間の3大駅伝・予選会の結果、選手一覧はこんな感じです。

 

トラックシーズン、13分台をマークした丸山を筆頭に14分1桁の小澤、14分10秒台の秋山、吉田、風岡、宮尾と5000mで多くの選手がベストを出すなど記録会では盛況でした。一方で勝負レースとなると関東インカレで入賞争いをしたのも全日本予選で他大のエースたちと渡り合えたのは丸山のみ…

 

1万mの持ちタイムでは全日本予選も十分すぎるほど通過圏内だったものの、結果は13位と出場権のボーダー争いに絡むことが出来ず…持ちタイム通りの力をなかなか発揮出来ないという課題をまたしても痛感させられる結果となりました。

 

そんな専修大学の駅伝シーズン、確定しているのは箱根予選会のみ、2年連続で出場を逃している箱根への復帰が最大の目標となります。4年生がチームの中心となる今年は最大のチャンス、というか今年逃せば増枠の時しか期待出来なくなってしまう恐れも…そんな勝負のかかる箱根予選にエントリーされる14人候補、怪我などを考慮しなければ、現時点では大体以下のような感じでしょうか?

 

4年・・・丸山、小澤、渡辺、濱野、山崎、松井、秋山

3年・・・吉田風岡宮尾、浅見

2年・・・川平、藤井、佐藤

1年・・・なし

 

箱根経験者は濱野ただ一人、勝負レースでの強さはチームトップクラスなだけに、もちろんエース級の活躍を期待するとして…箱根予選経験者から10人(橙色)選んでみました。主力の4年生が5人と当然多くなり、その中でも丸山には他大のエースにも負けない走りを、小澤、渡辺にも稼ぐ走りが求められることになりそう。

 

前回ルーキーながら3人が走り、いずれもチーム10位以内に入った川平、藤井、佐藤への期待も大きいですね。4年生以上に鍵を握ることになるかもしれません。箱根予選未経験者で今年の全日本予選を走ったのは二人(青色)、風岡、秋山ともに持ちタイムも伸ばしてきており、特にハーフで63分台をマークした風岡には箱根予選でも結果を残して欲しいところ。

 

ここまでで12人、残り二人は前回の箱根予選にエントリーされた4年の松井と今年の全日本予選にエントリーされた3年の浅見としてみました。ハーフで65分台も持ってますしね。1年生からも夏合宿を経てメンバー入りする選手が出てきて欲しいですが果たして・・・?

 

先ほども書きましたが、本当に今回の箱根予選は突破する最大のチャンスですし、突破しなければいけない戦力が揃っていると思います!!その一方でここ2年、その力を発揮できていないこともまた事実・・・今年の箱根予選こそ、しっかりとピーキングを合わせ、速さだけではない強さを身につけ、3年ぶりの箱根出場を勝ち取ってほしいものです!!


PAGE TOP