2016年 駅伝シーズンに向けて ~城西大学~

駅伝シーズンに向けての各大学ごとの戦力分析&トラックシーズンをかる~く振り返り、城西大学を取り上げます~ 過去5年間の3大駅伝・予選会の結果、選手一覧はこんな感じです。

 

トラックシーズン、関東インカレ1部で入賞した菊地と中島の活躍が目立ちました。菊地は1万mで8位、ベストも28分43秒まで縮めてきてようやく実力に持ちタイムが追いついてきた印象。5000mで7位に入った中島の走りはちょっとびっくりしました。大学進学後は苦戦することも多かったので…

 

また、5000m、1万mともにベストを出す選手が多く、特に2年生、1万mで29分46秒をマークした金子や5000mを14分23秒で走った大石がそのまま全日本予選でも好走するなど元気でした。しかし一方苦戦する選手も多く、12位で予選落ちとなってしまいました。

 

そんな城西大学の駅伝シーズン、確定しているのは箱根予選会のみ、箱根連続出場を続けるためにも、ここで落ちるわけにはいきません。そんな箱根予選にエントリーされる14人候補、怪我などを考慮しなければ、現時点では大体以下のような感じでしょうか?

 

4年・・・菊地、松村、高橋、佐藤、廣瀬

3年・・・酒井、菅、山本、大久保

2年・・・中島、金子、大石

1年・・・中谷、西嶋

 

箱根経験者である7人(青色)はやはり箱根予選でもしっかりと走って欲しいですし、菊地、松村らにはエースの走りを見せて欲しいところ。実は箱根経験者はもう一人、5区を走った3年の中舎もいるのですが…箱根以降は全くもって姿を見せないため、さすがに箱根予選は厳しいかと。 ※怪我考慮してるやん!というのは置いといて…

 

前回シード校だったこともあって箱根予選経験者は菊地と菅の二人のみなので参考にはならず…となると、箱根未経験者ながら今年全日本予選に出場した4人(赤色)は楽しみですね。金子、大石はハーフで65分台はもっていますし、何よりも勢いがあります。

 

上記に上げた選手で11人、ここまでの選手はメンバー入りする可能性が高く、また入ってもらわないと困るところかなあ。残り3人ですが…ハーフで64分33秒を持ち、前回の箱根予選も16人に入っている廣瀬がまずは入ってきそうかなあ。64分30秒台で2度走っているというのも心強いです。

 

残り二人は3年の大久保、1年の中谷にしました。大久保はハーフで65分32秒を持ち箱根にもエントリーされている選手、中谷は期待のルーキーで1万mも30分2秒で早速走っていますし、長い距離にも対応してきてくれるのでは?

 

新戦力の台頭はあったものの、やはり14人選ぶとなるとまだ苦しい状況かなあ。全日本予選を走った選手が長い距離に対応してくれるのはもちろん、全日本予選に出場しなかった主力がどれだけ箱根予選に合わせてくれるかが大事になってきそうです。

 

昨年度は箱根予選が無く、箱根では12位と健闘しましたが、ベストメンバーが組めないようだと、そのまま予選落ちに繋がりかねませんからね。過去3大会の箱根予選の結果が7位→10位→9位といずれも下位通過というのも気になるところ。今まで以上に厳しい戦いになるかもしれませんが、しっかりと箱根予選にピークを合わせて、予選を突破したいところです。

 

せっせと進めていましたスマホ対応、一通り終わりました~後はトップページの修正など直したいところも多々ありますが…やろうと思ってから2年はかかったような(汗)引き続き、ブログもまったり駅伝もよろしくお願いします!!


PAGE TOP