2016年 駅伝シーズンに向けて ~明治大学~

駅伝シーズンに向けての各大学ごとの戦力分析&トラックシーズンをかる~く振り返り、今日は明治大学を取り上げます~ 過去5年間の3大駅伝・予選会の結果、選手一覧はこんな感じです。トラックシーズンは昨年度の箱根シード落ちの悔しさを晴らすかのような活躍でした。

 

藪下は関東インカレ1部ハーフで3位表彰台、5000mのベストも13分台まで伸ばし、エースとしての地位を確立、期待のルーキーでは阿部が関東インカレ1部5000mで5位と早速結果を残しました。箱根は故障の影響で不本意だった坂口も復帰して早速5000m13分45秒とチームトップの走り、箱根経験者で昨年度はほぼ姿を見せなかった末次も5000m,1万mで自己ベストと完全復活の走りでした。

 

そんな明治大学の駅伝シーズン、確定しているのはシード獲得の全日本と箱根予選会のみとなります。久しぶりの箱根予選という不安材料はありますが、トップ通過を狙う大学の1校ということになるでしょう。箱根予選にエントリーされる14人候補、怪我などを考慮しなければ、現時点では大体以下のような感じでしょうか?

 

4年・・・藪下、江頭、吉田

3年・・・末次皆浦、磯口

2年・・・坂口田中東島竹山

1年・・・阿部、三輪、中島

 

箱根経験者は5人(青色)となり、上の世代が強かったこともあって経験者は少なめです。3大駅伝出場者に範囲を広げても田中(赤色)が加わるのみですね。3大駅伝での経験は箱根予選においても強みですし、特に藪下と坂口は日本人トップ争いに加わって欲しい選手ですね。

 

箱根16人(橙色)に前回エントリーされている選手は4人おり、ココらへんの選手が中間層ということになるでしょうか。その中でも皆浦はハーフ63分台をマークするなど持ちタイムではチーム上位です。ルーキーは阿部、三輪、中島という高校時代から実績豊富な選手を選んでみました。三輪、中島はトラックシーズンはあまり見せ場がありませんでしたが、ロードで強い選手ですし、箱根予選から戦力となって欲しいところ。

 

残る1人はちょっと悩ましいのですが…昨年の全日本にエントリーされた磯口にしてみました。14人がサクッと選べない状況というのはやはり選手層の薄さという面では不安が残る感じです。3,4年生から上級生になって力をつけてきた選手というのが出てきて欲しいところですけどねー。下級生では全日本にエントリーされた2年の角出や14分13秒を持つルーキーの斉藤あたりもメンバー争いに絡んでくれれば。

 

最強世代が卒業し、横手・木村世代が抜けてどうなるかと思いましたが、主力は着実に力をつけてきていますし、力のあるルーキーも入ってきており、何とか勝負出来る戦力は見えてきたかなあ。今後再びに上位争いに顔を出すようになるには、底上げが大事になってきそうです。

 

駅伝シーズン、全日本の連続シード獲得となると、箱根予選の疲労もあって正直厳しそうかなあ…もちろん、シード獲得出来るに越したことは無いですがわずか6枠しか無い狭き門で他のシードを争うライバルは箱根シード校ばかりですからね。。。まずは箱根予選をきっちりと上位通過(できればトップ)して箱根本戦でもシードにきっちりと返り咲きですね。強い明治の走り、見せて欲しいです!


PAGE TOP