2016年 駅伝シーズンに向けて ~順天堂大学~

駅伝シーズンに向けての各大学ごとの戦力分析&トラックシーズン振り返り、順天堂大学を取り上げます~過去5年間の3大駅伝・予選会の結果、選手一覧はこんな感じです。

 

トラックシーズンは何といっても塩尻ですよね~関東インカレ1部1万mでは留学生2人についでの3位、3000m障害では違いを見せつけての優勝、さらに日本選手権でも優勝まで後一歩で2位、さらにはランキングの繰り上がりでリオ五輪の出場まで果たしてしまうのですから…その一方でチームとしては全日本予選で10位、まさかの全日本予選を逃してしまう結果に終わりました。

 

その結果、全大学中で唯一出雲と箱根に出場し、全日本に出場しない大学となってしまいました。関東から15大学が全日本に出場出来ることを考えると、やはり逃したのは痛い。。。出雲はなかなかベストメンバーを組まないことも多いので、箱根シード校は現時点で箱根にエントリーされる16人候補を怪我などを考慮しないで考えてみます~

 

4年・・・森、西澤、聞谷、作田、甲斐智、甲斐大

3年・・・花澤、栃木中村、城西

2年・・・塩尻金原、江口

1年・・・難波、橋本、野田

 

まずは今年度の大きな順大の強み、前回の箱根シード獲得メンバーが7人(青色)残っており、中心となっていくことでしょう。4年生が5人と経験豊富な選手に2年の塩尻、3年の栃木全日本予選で最終組を任された二人とエース格が揃います。本来であればここに花澤も当然入ってくると思いますが、病気の状況はどうなのか…?まだ箱根は未経験なだけに、是非とも走る姿が見たいですが…

 

前回の箱根予選出場者である3人(橙色)も今の順大には欠かせないところ。いずれも2,3年生でチームの層を厚くしてくれるでしょう。上記以外で今年の全日本予選に出場した3人(赤色)はいずれもルーキー、高校時代の実績が豊富であったり、大学に入って早速ベストを伸ばしてきたりと力のある選手が揃っており、夏合宿を経て長い距離にも対応してくれば、3人とも箱根を走ってもおかしくないですよねー。

 

これで14人・・・後は6区候補と言われている城西と前回の箱根予選、箱根ともにエントリーされている甲斐大にしてみました。個人的には他の2年生、1万mで29分39秒を持つ馬場や昨年の全日本にエントリーされた吉岡あたりにも期待したいところですが。以前よりは選手層が厚くなってきたとはいえ、まだ16人選ぶとなるとギリギリという感じかなあ。

 

全日本予選こそ奮いませんでしたが、選手は揃っているんですよね―。総合力では決して前回にも劣らないと思います。塩尻という絶対的エースもいますし。ただ前回は正直、西澤や作田ら思っていた以上の走りをした選手が出てきたのが大きかったです。前回以上の成績を狙うのであれば、今回も新たな戦力の台頭というのは大事になってきますね。今後さらに上位を狙っていくためにも、まずは箱根での連続シード獲得、あわよくば前回以上の順位を狙って欲しいです。

 


PAGE TOP