城西大学 ~2016年度戦力分析~ 不安定な戦いが続く・・・

最後に城西大学について、新年度の戦力分析を行います。城西大学だけ取り上げずにずっとブログを休止していたのが気になっていましたので・・・いまさらですが、最後に更新しておきます。昨年度は紘太世代が抜けたこともあって苦戦を強いられ、出雲では13位、箱根では5区以降区間15位以下が6区中5区間で起きてしまい、総合でも12位に終わりました。全日本予選や出雲の結果からすれば、上出来の走りだとは思うのですが、後一歩箱根シードには届かず・・・そんな城西大学の選手一覧はこのようになっております。

 

 

 

 

4年生・・・チームのエースは松村と菊地の二人になるでしょう。どちらかと言えばスピード型の松村、スタミナ型の菊地といった感じかなあ。ただ、松村はトラックでは何度も好走を見せていますが、いざ3大駅伝となると5度走って区間1桁は1度のみ、主要区間でも他大と勝負出来るようになって欲しいところ。一方の菊地は故障などもありましたが、いざ走れればその安定感はチームトップ、前回の箱根でも2区7位とエース区間で結果を残しています。今、最も頼りになる選手でしょう。

 

箱根で3区9位と好走した高橋も主力候補の一人、故障もあってなかなか結果を残せない日々が続いていただけに、この走りは嬉しかったですね~さらなる活躍が期待されます。他にも箱根6区を任された佐藤、ハーフで64分33秒を持つ廣瀬らがおり、やはり最上級生が中心となっていきそうです。

 

 

3年生・・・ずっと主要区間を任せられ続けている菅が箱根9区11位と上々の走り、持ちタイムも5000mで14分5秒、ハーフも63分50秒まで伸ばしてきており、主力の一人として着々と力をつけています。1万mで29分16秒、ハーフで63分28秒を持ち、箱根5区を任された中舎も主力となっていって欲しい選手ですが、怪我で長期離脱中、完全復活が待たれるところです。さらに、1万mで29分19秒、箱根でも4区10位で走った酒井もこの学年の主力の一人、さらに、箱根7区を走った山本もおり、4人箱根経験者がいるのは心強いですね。4年生に負けじとチームを引っ張って欲しいところ。

 

 

2年生・・・元々高校時代から実績のある中島、長沼がともに5000mで14分8秒を持っています。中島は全日本予選に2年連続で出場をしていますねー。しかし、今そんな二人よりも勢いがあるのでは?と思うのが金子、大石の二人、金子は1万mで29分49秒までベストを伸ばし、前日本予選も1組12位と上々の走り、大石は1組4位と見事な走りを見せました。勝負レースで結果を残し始めた二人からも目が離せません。さらに、全日本予選にエントリーされた服部もおり、まだ3大駅伝経験者はいませんが、今年度何人かデビューを果たしてくれそうです。

 

 

1年生・・・駒澤のエースで中谷の弟である中谷貴弘が5000mで14分15秒を持ち、1万mも30分2秒で走っています。高校時代から勝負レースでも結果を残していますし、ゆくゆくはエース格となってほしい選手ですね。先に全日本予選デビューを果たしたのは西嶋、2組23位はもう一歩でしたが初の1万mということを考えるとまずまずかなあ?期待されていることは間違いないですし、今後まだまだ伸びていきそうな選手です。他には5000mで14分28秒を持つ麻生もおり、箱根予選から戦力となる選手が出てきて欲しいですね。

 

 

全日本予選の順位予想、正答数を追加しましたので投票した方は確認してみてください。波乱の展開だったこともあって皆さん苦戦したようで・・・私はうっかり投票し忘れましたが、していても山梨学院の1校かよくて帝京の5位が当たったくらいかなあ・・・?全日本予選の予想は最も難しいかもしれませんね~


PAGE TOP