中央大学 ~2016年度戦力分析~ 藤原新監督の元で立て直せるか?

今日は中央大学について、新年度の戦力分析を行います。昨年度は全日本予選で18位と惨敗、箱根予選は何とか8位通過を果たしました。そして迎えた箱根では1区こそ町澤が区間4位と最高の走りを見せてくれましたが、2区で総合13位に落ちて以降は一度もシード圏内に浮上することは出来ず、前々回と同じ総合15位で4年連続のシード落ちとなってしまいました。そんな中央大学の選手一覧はこのようになっております。

 

 

 

 

4年生・・・もう全ての中心となるのがこの学年です。まずは4年生が頑張ってもらわないとどうしようもないでしょう。そんな中でも抜けているのがチームのエースである町澤、持ちタイムは3部門全てでチームトップを誇り、箱根予選でチームトップの15位、箱根で1区4位とまさにエースに相応しい持ちタイム、実績を誇ります。年々安定感を増しており、町澤の走る区間は何も心配いらないでしょう。続く選手が難しいところですが…箱根に2度出場している選手が3人います。先日5000mで14分7秒をマーク、1万mも29分24秒でチーム2番手の鈴木は2年連続で4区を任されており、箱根予選も2年連続でチーム4位で走っています。今年度は主要区間を走って欲しい選手です。

 

市田も今年度14分10秒のベストをマーク、ハーフで63分32秒を1年時にマークしており、前回の箱根では主要区間である3区を任されています。箱根予選は3度走りながらいずれ二桁順位とちょっと安定感に欠ける部分もあり、最終学年となりチームを引っ張る存在となって欲しいところ。谷本は持ちタイムこそ1万mで30分47秒と12人登録している4年生でも最下位ですが、箱根では6区を2年連続で任されて6位、7位と2年連続好走しています。平地でも好走する姿を見せて欲しいところです。

 

他にも選手は多数揃っており、箱根予選でチーム5番手で走っている主将の新垣、箱根予選ではチーム3番手の好走、箱根でも復路のエース区間である9区を任されている相馬、さらには5000mで14分6秒とチームトップクラスのタイムを先日マークした小池に箱根予選を3年連続で任されている渥美など質・量ともにダントツで揃っている学年であり、3大駅伝・予選会のいずれでも半分以上はこの学年が走ることが予想されますね~走りでチームを引っ張っていってくれることでしょう。

 

 

3年生・・・未だに3大駅伝経験者、1万mで30分切りが一人もいない学年ですが、竹内が全日本予選、箱根予選をそれぞれ1度経験しています。5000mで14分1桁のスピードがあり、そろそろメンバーに入ってきて欲しいところ。他には細川、蛭田、江連らが箱根にエントリー経験があります。ただ、持ちタイムはハーフで65分台、66分台となっており実際に走るところまではまだまだ遠い感じが・・・ここから抜けだす選手が1人でも出てきて欲しいところですね。4年生に頼り過ぎないようにしなければ。。。

 

 

2年生・・・箱根を唯一経験しているのが苗村、1万mのベストも29分52秒は3年生以下で唯一の30分きりです。ただ、箱根では8区17位とほろ苦いデビューとなってしまいました。高校時代からロードの実績がある選手、主力となって欲しいところです。スピードでは14分2秒を持っている堀尾が抜けており、箱根予選でもチーム7番手で走っています。全日本予選、箱根予選もエントリーされており、今年度は3大駅伝デビューが期待されますね。他には神埼が箱根にエントリーされており、こちらも新しい選手の台頭が待たれるところです。

 

 

1年生・・・今年度はここ3年では最もスカウトが成功した学年と言えるでしょう。舟津が既に14分9秒と大学でベストを更新、元々1500mで高校上位の力を持つ一方、1万mも30分21秒を持ち即戦力として期待される選手です。まずはトラックで結果を残したいところです。5000mで14分14秒とこちらも大学ベストを更新しているのが安永、既に高校ベストを上回るタイムを2度マークしているとなると、これまた今後に期待せずにはいられませんねえ。他にも、14分18秒を持つ冨原、14分19秒を持つ飯島らがおり、既に5000mで14分20秒切りが4人を数え、いずれもチームトップ10に入っていることからもこの学年への期待が高まりますね。4年生に次いでチームを支えていく学年となっていくかもしれません。

 


PAGE TOP