2015年度 学生ハーフ結果雑感 ~創価、早稲田、大東、拓殖~

続いては、創価、早稲田、大東、拓殖の4大学について、学生ハーフの結果を見ていきます。

 

 

<創価大学>

来年度のエースとなるであろうセルナルドが63分44秒でチームトップとなる13位で走っています。良い時と悪い時の差がある選手も多い中、セルナルドの高いレベルでの安定感は創価の中でも抜けていますね。セルナルドに続いたのは69位の蟹澤、77位の大山とこちらも順当に主力が入りました。ハーフの持ちタイムも3人がそのまま来年度のトップ3ですし、力もありますね。しかし、タイムとしては二人とも65分前後とちょっと物足りない結果でしたかね。箱根予選突破に向けては、彼らが大きく稼ぐ必要がありそうです。

 

他には三澤、柴田がともに65分台とまずまずの走り、66分台に彦坂、姫宮が入っています。持ちタイムでも来年度トップ10に入ってきている選手たちが順当にチーム内では上位にきている印象ですね。しかし、ハーフ持ちタイムでは私が把握している25大学中最下位と来年度は厳しい戦いとなりそうです。どんどん新戦力が台頭してきてほしいですね。

 

 

<早稲田大学>

ここ数年、学生ハーフでは好走する選手が多かった早稲田ですが、今回はあまり主力が出場しなかったこともあり、チームトップが23位、車田が64分4秒で走っています。ルーキーだった今年度、トラックシーズンではほとんど姿を見せませんでしたが、駅伝シーズンでは5000m,1万mでベストを更新しており、ハーフも来年度チーム9番手に入るなど、着実に結果を残しています。元々高校時代から安定感のある選手ですし、来年度は3大駅伝デビューもありそうです。

 

3大駅伝唯一の経験者となった光延は104位の65分27秒ともう一歩・・・箱根も7区14位でしたし、ハーフの距離ではトラックほどの強さを見せられませんね。今後に期待したいのは64分台をマークした石田、柄本あたりでしょうか?いずれも前回の箱根にエントリーされていますし、ハーフでも結果を残しているのは心強いです。来年度はメンバー争いだけではなく、走って欲しいところですね。個人的に期待しているルーキーの清水なのですが、1万mで29分49秒こそマークしているものの、ハーフは今回68分台、ベストも67分台とハーフで苦戦中です。。。

 

 

<大東大学>

下尾がチームトップの37位、ハーフベスト64分22秒は来年度のチーム3番手となるタイムです。1万mで29分25秒をマークし、箱根でも3区を任されるほどですし、来年度は主力となってほしい選手ですね。続くのは48位、64分35秒で走った鴇澤、こちらも箱根を走り、6区8位と好走している選手、来年度の持ちタイムでも5番手につけています。さらに89位の石橋が65分15秒で7番手、90位の鈴木が65分17秒で8番手と持ちタイムトップ10のうち4人がベストを更新、そのいずれもが3年生ということになります。

 

3年生は1年時に1万mで29分台を複数人出して注目されたものの、その後は苦戦続きで北村以外はなかなかメンバー争いにも絡んでこれませんでしたが、学年が上がるに連れて戦力となる選手が増えてきており、最終学年となる来年度はチームを引っ張っていってくれることでしょう。一方で来年度主力となってほしい選手・・・林、北村が65分台後半、原は66分台と奮いませんでした。ハーフの持ちタイムは来年度25大学中24位と相変わらず下位に低迷、箱根予選も厳しい戦いが予想されるだけに、エース力、選手層ともに箱根予選に向けて高めていって欲しいです。

 

 

<拓殖大学>

宇田が63分14秒で6位、チーム2番手の見事な走りを披露したものの、続く2番手は112位、65分35秒で山本が入り、自己ベストで来年度の9番手に入りましたが、63分台どころか64分台も他に1人もいなかったのは残念だったかなあ。そして65分58秒をマークした土師がチーム10番手となりました。後は苅田が66分8秒で走ったのみで他は67分台オーバーとなかなか来年度メンバー争いに入ってきてくれそうな新戦力が見られなかったのは残念だったかなあ・・・

 

宇田とともにチームを引っ張って欲しい3年の新井は80分オーバーということで何かアクシデントがあったのでしょう。宇田と1年生トリオ(デレセ、馬場、戸部)は元気で、箱根予選でも稼ぐ役割は十分に期待出来そうなだけに、中堅層の戦力アップは必須ですよね。ハーフの平均持ちタイムは25大学中22位とタイム上は相変わらず厳しいですが、それはいつものこと・・・来年度は拓殖らしからぬ?持ちタイムの良い選手も入ってきますし、また持ちタイム以上の走りを箱根予選でも見せて欲しいです!!

 


PAGE TOP