2015年度 学生ハーフ結果雑感 ~城西、神奈川、青学、専修~

学生ハーフのレース結果、続いては城西、神奈川、青学、専修の4大学について見ていきます。

 

城西大学

1年時から主要区間を任され続けている菅がチームトップの18位、タイムも63分50秒は自己ベストで3年以下でチーム4番手に入っています。上々の走りだったと思いますが、気になるのはチーム2番手が109位まで下がり、廣瀬の65分33秒に留まっていること、中堅どころが何人も出場していたことを考えると、せめて64分台は複数人出して欲しかったところかなあ。佐藤、大石、山本竜といった来年度のハーフ上位10人に入る選手たちも66分台ですからね。ちょっと物足りない結果だったかなあ。

 

また、期待のルーキーである長沼、中島の二人ですが、長沼が68分台、中島は69分台とこちらもハーフの距離はまだ厳しいのかな?という印象を与えてしまう結果となりました。松村、菊地のダブルエースが大きくタイムを稼いでおり、来年度のハーフ持ちタイムは8位と上位につけています。まずは箱根予選をきっちりと突破し、持ちタイム通りの力を箱根でも見せて欲しいです。

 

 

神奈川大学

3位に入った鈴木健は既に入賞者で取り上げましたが、強さと速さを兼ね備えてきましたね―。他大のエースたちとも十分に渡り合ってくれそうです。59位に秋澤が64分45秒で入っています。まだ3大駅伝は未経験ですが、ハーフで安定した走りを披露していますので、来年度はメンバーに入ってきて欲しいですね。後は箱根予選を走った枝村が123位、65分41秒で走っています。出場した選手は5人?と相変わらずハーフへの出場は少なめですが、そんな中でも存在感を示してくれました。

 

 

青山学院大学

7,8位に入った森田、中村の二人がしっかりと結果を残した他、24位に64分3秒で林が入ってきました。3大駅伝にエントリーされた経験の無い選手であってもどんどんタイムを出してくるのが青学の特徴かつ強さですよね。ただ、逆に持ちタイムの良い選手がもう一歩というところだったかなあ?13分台を持つ期待のルーキーは64分45秒で58位とまずまずの走りを見せたものの、1万mで29分2秒を持つ貞永は66分4秒と微妙・・・世羅高校時代はチームのエース活躍した選手なだけに、同級生だった工藤の活躍には期するものががあるでしょう。

 

また、ハーフで63分36秒を持つルーキーの橋詰は70分オーバーということで何かあったのかなあ・・・?5000mで14分4秒を持つ大越も67分台と長い距離ではちょっと苦戦気味ですね。今年度のトラックシーズン、3部門でベスト連発と絶好調だった田村健も67分台とちょっと一時の勢いが無いような気も・・・来年度のハーフ持ちタイムは唯一の62分台で引き続きトップ、さらに大学トップの選手層を誇るとはいえ、やはり4年生の抜ける穴は大きいですから、来年度またメンバーに入ってくる選手がここから出てきて欲しいところです。

 

 

専修大学

チームの絶対的エースとなりつつある丸山が9位と好走したのはさすがだったのですが・・・2番手がなんと200位の渡辺瑠偉まで下がってしまうんですよね。タイムも66分26秒ということで、63分26秒で走った丸山とちょうど3分差が付いてしまいました。丸山は箱根予選でも1ケタ順位が期待できるような選手ですが、箱根予選と一部同じコースも走る立川ハーフにおいて結果を残せなかったのは、風岡、濱野、小澤といった主力が走っていないとはいえ、箱根返り咲きに向けて不安を感じる結果となってしまいました。10人がしっかりと走らないと箱根予選は突破出来ませんからね。。。

 

ベストを出した選手としては、初ハーフとなった槻館が66分38秒、浅田が68分25秒ですが、やはり数値上は物足りないかな?駅伝シーズンにベストを連発し、1万mで29分9秒を持つ吉田やルーキーながら箱根予選会でも結果を残した川平が68分台と残念な結果になってしまいました。来年度ハーフの持ちタイムは17位ということで1万mが8位に入っているのに比べると、長い距離にはまだ不安があるかなあ。持ちタイム通りの力を発揮出来れば十分に箱根予選は突破出来ると思うのですが、その走りがここ2年出来ていないだけに、主力が4年生となる来年度は是非とも箱根に戻ってきて欲しいものです!!

 

 


PAGE TOP