2015年度 4年生特集 ~専修大学~

本日は専修大学の4年生について、在学中での走りを振り返っていきます。全部で5人登録しています。箱根に出場したのは2年時のみですが、この時はなかなかこの世代がメンバーに入れなかったんですよね。そのため、箱根予選は最高でも2回しか出場した選手がおらず、3大駅伝経験者は誰一人いないという状況になっています。高校ベストが14分30秒を切る選手は5人の中におらず、スカウトを見てもやはり苦戦していることが伺えます。

 

 

 

 

森 夏樹・・・高校ベストは14分39秒、1年時に学生ハーフで64分14秒をマークしていますが、これが大学ベストになってしまうことに・・・あまりハーフの距離を走っている印象はないですね。。。2年時に1万mで29分15秒と好タイムをマークすると、3年の全日本予選にエントリーされ、1組27位で走っています。これが、唯一の予選会出場となりました。4年時には5000mで14分12秒までタイムを伸ばし、全日本予選にもエントリーされましたが、出場はなりませんでした。1万mの持ちタイムはこの学年トップなだけに、箱根予選に1度も出場出来なかったのは残念でした。

 

 

加藤 平・・・高校ベストは14分49秒、2年時にハーフで64分30秒と好タイムをマーク、この学年で唯一箱根にもエントリーされていますが、出場は果たせていません。3年時、箱根予選に出場を果たしており、チーム6番手ではありますが199位という結果に終わっています。3年時はチームがまさかの大惨敗を喫していますからね。。。4年時、5000mで14分19秒、1万mも29分25秒までタイムを伸ばしてきたのですが、残念ながら全日本予選、箱根予選ともにエントリーされることはありませんでした。。。

 

 

上手 慶・・・高校ベストは14分31秒、チームのエース格ですね。1年にして箱根予選に出場しています。その結果はチーム最下位、204位と苦しいものでした。2年時には全日本に出場、2組24位という結果を残しています。3年時には全日本予選で最終組を任され22位とまずまずの走りを見せました。さらに、学生ハーフでも64分17秒をマークしているのですが、箱根予選にはエントリーもされておらず・・・4年時、5000mで14分14秒、10000mも29分25秒をマークしました。専修勢は4年生で自己ベストを更新している選手が多いですね。全日本予選では2年連続で最終組を任されて16位と2年連続で結果を残していますね。タイムも29分31秒と優秀です。となると箱根予選でも当然活躍が期待されますが、結果はチーム6番手、総合でも166位とエースとしては物足りない結果になってしまいました。

 

 

阿部 良平・・・高校ベストは14分40秒、3年の全日本予選にて3組を任されていますが、32位と苦しい走りになってしまいました。さらに箱根予選にも起用されますが、217位に留まることに・・・1万mでは29分45秒、ハーフは65分10秒とともに大学ベストをマークしていますが、勝負レースではなかなか結果を残せず。4年時、5000mで14分25秒をマーク、箱根予選にも再度出場しますがチーム9番手、177位という結果でした。

 

 

迫田 和也・・・タイムを伸ばしてきたのは3年時、3部門全ての大学ベストを3年時にマークしています。5000mで14分32秒、1万mで29分52秒、ハーフで66分25秒をマークしています。5人が1万mで29分台をマークしており、専修は1万mの持ちタイムがここ数年良い印象ですね。3年までは予選会にエントリーさえありませんでしたが、4年の箱根予選で初エントリーを果たすと、そのまま出場しましたが、総合で247位、チーム最下位に終わっています。

 

 

5人が1万mで29分台をマークしており、専修は1万mの持ちタイムが5000mやハーフに比べると良いですよね。特に現3年生以下の1万m持ちタイムは8位まで伸ばしており、タイムだけ見れば全日本予選突破も期待出来るほどですからね。チームの4年間を見てみると、全日本予選は4年間11~13位と安定していますが、なかなか予選突破には届かず・・・箱根予選では、2年時に7位に入って箱根出場を果たしていますが、この時は増枠で23校出場し、21位に終わっています。

 

 

2年連続の箱根出場を狙った3年時はまさかの17位に終わり、大惨敗と呼べる結果になってしまいました。4年時は前年度に比べると立て直してきましたが、それでも15位・・・私が選手をDB登録している全25大学の中でも最下位の結果に終わり、なかなか浮上のきっかけがつかめない状況ですね。持ちタイムは着実に伸ばしてきているだけに、後は勝負レースでどれだけその力を発揮出来るようになるかが、箱根復帰の鍵を握ることとなりそうです。3年ぶりの箱根路復帰を来年度に期待したいです!!

 

 


PAGE TOP