2015年度 4年生特集 ~東京国際大学~

本日は東京国際大学の4年生について、在学中での走りを振り返っていきます。全部で4人ですね。そもそも、今年度の箱根予選突破後に選手登録を始めたので、どうしても少なくなってしまいますが・・・東京国際が箱根突破に向けて強化してまもなくの世代でしたが、見事に4年時に箱根初出場を果たすのですから、凄いですよね…小針は前回の箱根を関東連合で出場し、関は箱根予選でチーム2番手となる走りでチームを導きました。

 

 

 

 

関 竜大・・・高校ベストは14分50秒台のはずですが・・・2年時には箱根予選でチーム3番手の順位で走るなど、下級生の頃から欠かせない選手となりました。ハーフでも64分47秒をマークしています。3年時には箱根予選でチーム6番手、1万mでも29分22秒と大学ベストとなるタイムをマークしています。そして迎えた4年時、箱根予選で36位と好走すると、初出場となった箱根でも1区を任され、早い段階で遅れてしまったものの、そのままズルズルと後退することはなく、何とか前を追っての区間17位で走りました。主将として、走りでもチームを引っ張っていってくれる選手でした。

 

 

小針 旭人・・・高校ベストは14分40秒台のはず・・・1年時に早くも箱根予選に出場しますが、280位と苦しい走りとなりました。しかし、3年時に飛躍を遂げます。1万mのベストで29分44秒と大学ベストをマーク、ハーフも64分31秒といずれもチーム上位のタイムをマークしており、勝負レースでも箱根予選で56位と好走すると、関東連合にも選出され、8区を区間15位相当で走りきり、チームより一足先に箱根デビューを果たしました。迎えた最終学年、箱根予選では135位と前回よりも順位を大きく落としてしまいまいましたが、チームの箱根初出場に貢献すると、箱根本戦では10区を任されて区間11位、7区以降苦しい走りが続いていた復路において、最後をビシっと締める走りを見せてくれました。関とともにチームを支えてきた選手ですね。

 

 

安藤 大地・・・高校ベストは14分25秒とこの世代では抜けていますね。箱根強化を始めていきなり14分30秒きりを獲得出来るのもびっくり・・・来年度の新入生は14分20秒切りも入りますし、スカウトも着々と良い方向へ・・・1年時にいきなり箱根予選でも82位と好走を見せていますね。となると、その後もエースとしての活躍が期待されるところなのですが、3大駅伝・予選会には出場することが無かったのは意外・・・3年時には1万mで29分台、ハーフでも64分台をマークするなど持ちタイムも着実に伸ばしていたんですけどねー。。。

 

 

湊 太一・・・高校ベストは確か15分台・・・現在も5000mのベストが14分50秒台ではありますが、1年、2年、4年と3度も出場を果たしているんですよね―。しかし、1年で261位、2年で233位といずれもチームトップ10に入る走りではありましたが、厳しい結果でもありました。3年時には箱根予選に出場していませんが、1万mで大学ベストとなる30分37秒、ハーフも65分15秒をマークしています。最後の箱根予選では過去2回を上回る182位で走っていますがチーム最下位・・・チームの飛躍ぶりが分かる順位でもありますね。残念ながら、箱根出場は叶いませんでした。

 

 

東京国際の育成力が分かる学年とも言えそうですね。いずれも下級生の頃から箱根予選に出場していますし、チームの躍進とともに成長してきました。特に関の成長ぶりは見事でした。いきなり有力選手をスカウト出来ることなんてまず無いですし、まずは無名選手を育ててチーム力を高め、その結果スカウトも良くなるという好循環になっていくと思うので・・・箱根初出場を果たした東京国際にとってはこれからが大事になってきますね。4年生の穴は決して小さくはありませんが、幸いにして3年生以下にも有力選手が揃っていますし、新入生も他の箱根出場校と比べて遜色はありません。十分に2年連続出場が狙える陣容だと思いますので、今後の東京国際のさらなる活躍を期待したいです!

 


PAGE TOP