92回箱根駅伝 日本体育大学 ~区間配置予想&戦力分析~

続いては、日本体育大学について、区間配置予想及び戦力分析をしていきます。前回の箱根では、1区18位と出遅れてしまうと、全10区間中1桁の区間は6区4位の秋山のみ、総合順位でも最高で14位とシード争いに絡む事もできず、15位でフィニッシュとなりました。今年度はエースの山中、全日本予選で2組5位の柿本、都道府県対抗で5区区間賞のルーキー三浦が監督の方針と合わず?退部という波乱のチーム状況・・・そんな中でも箱根予選では3位通過、疲労もあったであろう全日本こそ12位に終わりましたが、12月の日体大記録会では16人中11人が1万mでベストを出すという好調ぶりです。エントリーメンバー箱根成績(直近10年)はこのようになっております。

 

 

4年:奥野 翔弥勝亦 祐太周防 俊也平田 健四郎

3年:小松 巧弥小野木 俊秋山 清仁山本 航平

2年:小町 昌矢冨安 央吉田 亮壱辻野 恭哉城越 勇星大崎 遼

1年:室伏 穂高宮崎 勇将

 

 

まずまず、順当なエントリーと言っていいのではないでしょうか?ハーフの持ちタイム上位では小泉や坂本が外れていますが、今年度は目立った活躍を見せれていませんので、しょうがないですし・・・他にも前回7区を走った大手、箱根予選でチーム10位の重松、12位の白永が外れています。ちょっと意外だったのは2年の大崎や1年の宮崎あたりがエントリーされたことですかねー。ただ、大崎は1万mで29分35秒、宮崎も29分50秒を出していますし、力をつけてきているようです。そんな日本体育大学の区間配置予想は以下の通りです。

 

 

小松-奥野-冨安-吉田-小町

秋山-室伏-辻野-小野木-勝亦

 

 

区間配置予想をする以前に、監督がかなり区間配置を話しているので、あまり予想の余地が無いと言いますか・・・特に往路は問題無ければこのままということになるでしょう。1区は小松、箱根予選でチームトップの10位、全日本でも1区を任されるほどの信頼感です。1区は近年ハイペースで出遅れると巻き返しは厳しいですし、何とか粘って欲しいところですね―。2区は奥野、前回も走って区間14位という結果になっています。箱根予選でも14位、1万mでも28分台に突入し、この1年間チームを引っ張ってきました。最後の箱根でもチームを導く走りを見せて欲しいところ。

 

 

3区は冨安、箱根予選では84位とやや奮いませんでしたが、全日本ではエース区間である2区を任されていますし、チームの信頼を得られているようです。1万mで28分台をマークし、ハーフも63分33秒とチーム上位の持ちタイムを誇る選手ですし、まだ3大駅伝を3度走っていずれも区間二桁ですので、そろそろ勝負レースでも結果を残して欲しいところです。4区は吉田、こちらも冨安同様に3大駅伝は3度経験し、まだ区間二桁のみですね。。。ただ、箱根予選はチーム4位の66位ということを考えると、4区は勿体無い気もするのですが・・・往路から攻めるということですかねー。持ちタイムの良い2年生が、駅伝でも結果を残せると日体大のレベルが一気に上がりそうですねー。

 

 

5区は小町、前回はルーキーながら最長の5区を任されたものの区間19位と洗礼を浴びる結果となりました。1万mで28分48秒とタイムを伸ばし、箱根予選でもチーム3番手の16位とタイム、勝負レースともに結果を残してきました。昨年度から大幅な上積みが期待出来ますし、箱根予選同様にチームを引っ張る走りを見せて欲しいです。6区は秋山、前回唯一の一桁順位、それも6区4位だった秋山をわざわざ外す必要も無いですよね―。箱根予選を走らなかったのは気になりましたが、12月に1万mで29分28秒と何も心配無いところを見せてくれました。再度の好走を見せてくれれば・・・

 

 

7区は室伏にしました。辻野と室伏が上りに強いということで迷うところですが・・・7区は過去6回のうち3度1年生が走っているということもあって室伏にしてみました。箱根予選、全日本ともに安定した走りを見せ、持ちタイムも1万mで29分31秒をマークするなどルーキーらしからぬ安定した結果を残していますし、箱根でも好走して欲しいところです。8区は辻野、昨年度全く姿を見せなかったところから、よくぞここまで復活してきてくれました。いざ走れるとなると、高校時代からその勝負レースでの走りには定評がありますし、上りが得意なのであれば遊行寺の坂がある8区でも安心して任せられそうですね。

 

 

9区は小野木、全日本では7区6位とまずまずの走り、今年は3部門で全てでベストを更新し、1万mでは29分18秒までタイムを縮めてくるなど勢いのある選手の1人です。今の小野木なら9区も任せられそうですよねー。10区は勝亦、過去4度のうち3度は4年生が走っていますし、やはり9,10区は上級生に走って欲しいという思いもあります。ずっと調子が上がらなかったようですが、直近の記録会では何とか期待出来るところまで戻してきましたし、唯一箱根優勝をするメンバーとして、最後のゴールテープを切って欲しいです。

 

 

箱根予選で上位8人+勝亦、秋山の10人で予想してみましたが、前回9区の山本ももちろん起用される可能性はありますよねー。昨年度よりも総合力では上回るでしょうし、期待出来る陣容になってきたと思います。チームに勢いがありますし、前回は5区~10区までが下級生というメンバーでしたし。。。特に選手が揃う2年生が1年たって力をつけてきたのも心強いです。最後の箱根で山中が見れないのは正直残念ではありますが、シード権を狙うだけのチーム力は十分にあると思います。ベスト連発の勢いそのままに、2年ぶりの箱根シード獲得、そしてさらなる上位を目指して欲しいです!!

 

 

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。是非とも予想してみてください♪

 


PAGE TOP