92回箱根駅伝 城西大学 ~区間配置予想&戦力分析~

続いては、城西大学について、区間配置予想及び戦力分析をしていきます。前回の箱根では、箱根予選9位通過ながら、2区紘太の区間2位の走りを筆頭に、他の選手も区間10位でまとめるなど粘りの走り、アンカーの寺田は区間賞の走りで総合7位、シード権を獲得しました。箱根予選の順位を箱根で上回ってくるとは思いませんでしたね。ただ、主力が卒業した今年度は箱根シード校で唯一の全日本予選落ち、出雲も関東最下位の13位に終わるなどいいところがありません。それでも、上尾ハーフでは多くの選手が自己ベストをマークするなど、楽しみな要素も出てきました。そんな城西大学のエントリーメンバー箱根成績(直近10年)はこのようになっております。

 

 

4年:西岡 喬介山本 雄大舟生 翔人辻井 三嗣

3年:松村 陣之助菊地 聡之高橋 一生佐藤 穏空廣瀬 秀宣

2年:中舎 優也酒井 雅喜菅 真大山本 竜也大久保 泰貴

1年:大石 巧長沼 大智

 

 

前々回8区を走った河名、前回7区6位の室井といった4年生が外れてしまいました。二人とも今年度は元気が無かったのでしょうがない気もしますが、選手層の薄い城西にとっては痛手です。また、全日本予選を走り、29分36秒を持つルーキーの中島が外れたのも、高校時代駅伝の実績が豊富であることを考えても痛手ですね。その一方で菊地、西岡といった出雲を外れ、箱根5,6区で好走経験のある二人が戻ってきたのは大きいです。特に菊地は学連記録会で29分8秒をマークしており、もう心配は無いでしょう。そんな城西大学の区間配置予想は以下の通りです。

 

 

酒井-松村-西岡-山本-菊地

佐藤-高橋-中舎-菅-舟生

 

 

1区は酒井、本当は松村が1区の方が良さそうな気がしますが、そうすると2区を任せられそうな選手が他に厳しくなりそうですからね・・・出雲でも3区と主要区間を任され、ハーフのタイムを伸ばしてきた酒井にしてみました。2区は松村、今年は5000m13分台、1万mで28分台、ハーフ62分台といずれもエースと呼ぶに相応しいタイムをマークしています。全日本予選も4組を12位でまとめていますし、今の城西で2区を任せるとしたら松村がベストだと思います。

 

 

3区は西岡、前回は箱根で6区10位、もちろん2年連続の6区もあり得ると思うのですが、今年は1500m~ハーフまでベスト連発、全日本予選でも最終組を任せられるまでになりました。さらに、平地も人数が足りていないことを考えると、6区に回す余裕は無さそうで、下り基調で主要区間である3区でどうでしょうか?4区は山本、過去に2度走っている区間ですからねー。1年時が区間9位も前回は18位と苦戦していますが、出雲にも出場していますし、箱根も出場の可能性は高そう、ならば経験のある区間が良いかなと。

 

 

5区は菊地、前回は5区9位と結果を残していること、さらにハーフでも62分23秒という走力があり、故障からも回復して1万mで29分8秒をマークしています。最重要区間を任せられるのは菊地しかいないでしょう。再度の5区ならば、前回を上回る走りが期待されます。6区は佐藤、西岡でないと予想すると誰が走るのか難しいところですが、6区を希望する選手であり、全日本予選で2組12位、ハーフも64分23秒とタイム・実績ともにある佐藤が良さそうかなあと。

 

 

7区は高橋、レースには出場するようになってきたものの、なかなか好走と呼べるような結果は残せていないんですよね。。。それでも、出雲に起用されるほどですし、監督のコメントを見ても期待の高さが伺えます。となると、7区あたりの起用もあるのかなあと。8区は中舎、上尾ハーフで63分28秒の好タイムをマーク、1万mも29分16秒まで伸ばしてきています。その一方で勝負レースとなると全日本予選が1組最下位、出雲も4区11位に留まっています。タイムは主力級なのですが、ちょっと勝負レースでの実績を考えると、繫ぎ区間の方が可能性が高そうかなあと。

 

 

9区は菅、前回は1年にして9区を任されている選手、出雲も6区と走る区間は全て主要区間となっています。さらに、ハーフで63分台までタイムを伸ばしてきており、これまでの最長区間への起用の多さを見ると、再度の9区の可能性が高そうです。主要区間ばかりなのでしょうがないですが、3度走ってまだ区間1桁はなく・・・そろそろ駅伝でも好走を見たいところです。10区は舟生、上尾ハーフで64分ジャストをマークしており、本人も10区を起用しているようです。予選は全日本、箱根合わせて3度走っていますが、まだ3大駅伝は未経験です。年々力をつけてきた選手なだけに、最初で最後の箱根起用も十分に有り得そうです。

 

 

昨年度と比べるとどうしても小粒感は否めないですよね。ただ、今年度伸びてきた選手が多く、特に上尾ハーフでベストをマークする選手が多数出てきたのは好材料です。菊地、西岡といった主力が戻ってきたのも大きいですね。前回は2区紘太の走りでシード圏内に浮上した後、最後までシード圏外に落ちることは無い粘りの走りでシード権を獲得しました。今年度は大きく稼ぐような区間はちょっと厳しそうなだけに(個人的には5区候補の菊地に期待ですが…)、1区からミスのないレースが求められます。前回も箱根予選で9位、シード権は厳しいと言われながらの7位シード獲得、今回も前評判を覆しての2年連続でシード権を獲得して欲しいです!!

 

 

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。是非とも予想してみてください♪

 


PAGE TOP