92回箱根駅伝 明治大学 ~区間配置予想&戦力分析~

続いては、明治大学について、区間配置予想及び戦力分析をしていきます。昨年度は2~6区を全て4年生が任されるという布陣、往路終了時では2位だったものの、復路では区間二桁が3区間あったこともあり、総合で4位という結果となりました。最強世代卒業+横手欠場という状況で臨んだ今年度の3大駅伝は、出雲こそ8位に終わったものの、全日本では6位で見事にシード権を獲得しました。そんな明治大学のエントリーメンバー箱根成績(直近10年)はこのようになっております。

 

 

4年:横手 健木村 慎牟田 祐樹山田 稜齋田 直輝小川 誉高

3年:吉田 楓江頭 賢太郎藪下 響大

2年:皆浦 巧末次 慶太森 晃希

1年:坂口 裕之田中 龍太竹山 直宏東島 清純

 

 

まずは横手がエントリーされていてホッとしました。本人曰く80%程度の状態ということですが、箱根までにどれだけコンディションを上げていけるか?主力クラスにエントリー漏れが無かったのはひとまず良かったですね。1年生が4人と多くエントリーされているのも特徴です。全日本も4人でしたが、角出→東島と変わっています。東島はハーフで64分台をマーク、坂口を中心に今後は主力世代となっていって欲しい学年です。そんな明治大学の区間配置予想は以下の通りです。

 

 

坂口-木村-横手-田中-山田稜

薮下-吉田-牟田-江頭賢-齊田

 

 

鍵を握るのはダブルエースである木村、横手の起用かと思いますが・・・2,3区と予想してみました。1区は全日本同様坂口、大学を代表する選手が揃った中、終盤まで付いて行っての区間7位は上出来の走りでした。箱根も粘って上位との差を最低限にとどめてくれれば・・・2区に木村、万全ならば横手2区も十分にあり得ますが、ここは横手がいない中、チームを引っ張ってきた木村の方が良いかなと。エース区間も安心して任せられますしね。

 

 

3区に横手、重要度が増していながら下り基調で走りやすい区間ですし、故障していたことを考えると3区で抜けだす役割を任せた方が良いと思いました。どこも1~3区に主力をつぎ込んでくるでしょうし、明治もここで遅れを取る訳にはいきませんからねー。ダブルエース+坂口で来るのではないでしょうか?4区は田中、出雲・全日本でともに下位に沈んでいることを考えると起用の可能性は低いのかなあとも思いましたが、裏を返せば出雲から起用されるだけ期待が大きいことが伺えます。とは言え走るなら最短区間の4区かなあと。今回は外して予想した2年生、末次や皆浦が起用される可能性もありそうかなあ。

 

 

5区は山田稜としましたが、正直良くわからないですね。経験者は横手がいますが5区を走ることはさすがに無いでしょうし・・・他には前回8区を走った牟田というのもあり得るのかなあ?どちらにしろ、走力がないと苦しい区間ですし、主力が起用されてくることでしょう。6区は薮下にしてみました。もちろん、出雲・全日本と同様に主要区間を任される可能性もありますが、本人も下りが得意という話をしていて、監督も6区が鍵になると言ってましたので。。。山はどちらも初挑戦となるであろうことは明治にとって不安要素かもしれません。かつての大江や廣瀬といった山のスペシャリストが出てきてくれると嬉しいのですが。

 

 

7区は吉田、全日本は7区4位でまとめていましたし、箱根初出場の可能性が高そうです。一方で全日本では8番手が走ることも多い7区を走っていたことを考えると、繫ぎ区間である7区あたりが可能性が高そうかなあと思いました。8区は前回同様に牟田としました。持ちタイムはチーム上位ながらなかなか駅伝では結果を残せていない状況が続いてはいますが、経験のあるコースで最後の箱根駅伝でその力を発揮してくれればと思います。

 

 

9区は江頭賢、前回を10区10位で走っていますが、今年度は出雲2区6位、全日本では4区8位と主要区間を任せられるまでになりました。なので、箱根でも主要区間を任せられる可能性はありそうかなあと、走るならば復路のエース区間である9区はどうかなあ。10区に齊田、全日本5区3位の好走はまさにチームを救う走りでした。シードの大きな立役者の1人です。箱根では上級生が走ることが多い23km区間の10区あたりが良さそうかなあと思いました。

 

 

やはり3,4年生が中心になることは間違いないでしょう。特に強い先輩の陰に隠れていた3年生から薮下、江頭賢、吉田と全日本から起用される選手が出てきたのは大きいですね。2年生は末次のコンディションが問題無ければ、起用される可能性は高そうです。ハーフ63分21秒で前回も箱根を経験しているのは大きいですからね。この予想だと4区以降で大きく稼ぐような区間というのはちょっと厳しそうで、全日本同様にミスのない駅伝が求められることになります。昨年度の4位以上というのはさすがに厳しいかもしれませんが、戦力ダウンが騒がれる中、特に全日本では横手抜きでも粘り強い走りを見せているのも事実です。箱根初出場の選手が最低でも半分を占めるフレッシュな布陣となりますが、全日本でシード獲得の勢いそのままに、箱根でも明治はやっぱり強いと思わせるような走りを見せて欲しいです!!

 

 

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。是非とも予想してみてください♪

 


PAGE TOP